0930
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
生き方

現在、恋人2人・好きな人1人の『ポリアモリー』、きのコさんが描く10年後の“家族”

SNSでの感想
きのコさん。何人もの人との出会いと別れを経験してきた彼女は「別れても友達でいたい。人脈はお金より財産」とほほえむ 撮影/山田智絵
目次
  • 彼氏がいる女性を好きになり、同棲へ
  • 「私は女体ユーザーです」
  • “みんなでゆるく”つながることが大事

 2021年9月下旬、晴れ。この日、ポリアモリー(関係する人たち全員の合意の上で複数の相手と付き合う人)であるきのコさん(38)は短髪を金色に染め、大好きなサバゲー(エアソフトガンなどを用いたサバイバルゲーム)に行くときのような迷彩柄の服装で現れた。

「実は9月末で13年半勤めた会社を辞めて、フリーランスとしてしばらく生きてみようと思っているんです。そこで、会社員ではできないヘアスタイルに挑戦してみました」

彼氏がいる女性を好きになり、同棲へ

 きのコさんが会社を辞めたのには、いくつか理由がある。

「3年前にポリアモリーに関する本(『わたし、恋人が2人います』WAVE出版)を出してから、原稿依頼をいただいて書く仕事が増えているんですが、ずっと会社員との二足のわらじを履いていることにコンプレックスがありました。このあたりで物書きとして退路を断ってみたいと思って。

 それと、勤めていた会社ではLGBT当事者として人事部と組んで、社内外のさまざまな問題に取り組んできたんです。でも、会社が関連会社の傘下となり、多様性が認められない社風に変わってきてしまった。大好きな会社だったから、なんだか虚しく、哀しくなってしまって……」

 さらにもうひとつは、きのコさんが好きになった女性が北関東に移住することが決まったから。

「まだ付き合っているわけではないんですが、ルームシェアはしていいというので、行ってしまおうか、と。私には京都に付き合っている女性がいて、神奈川にも長く付き合っている男性がいるんですが、私が北関東の女性のもとへ行くことはすぐに2人に話しました。北関東の彼女には彼がいるものの、彼女は恋愛感情や性欲がほとんどない人なので、私は彼女に頼まれて、彼の“セフレ”になっていた時期もあって……。妙な縁ですよね

 きのコさんがそんな「突飛なお願い」を引き受けたのは、もちろん北関東の彼女のことが好きだったし、会ってみたらその彼にも興味を抱いたからだ。この関係には、きのコさんが長く付き合っている神奈川の彼も相談に乗ってくれたという。

「関係って、閉じこもってドメスティックになると腐っていくと思うんです。だから、常に開かれた関係でいたい。誰とであっても」

 きのコさんとしては、いずれは北関東の彼女とその彼、3人で暮らせればいいと思っているが、彼はポリアモリーにはなじめない様子。こういった不安定な関係もすべて自分で背負い込まなければいけないのが、ポリアモリーとしての生き方である。

 複数と付き合うからには「嫉妬」の問題も大きい。

「私は嫉妬心が強いタイプなので、いかに自分の嫉妬と向き合うかは重要ですね」

 きのコさんは嫉妬をさまざまな観点から考えたという。独占欲が強いのか、あるいは疎外感から来るのか。結果、彼女は「仲間はずれにされたと感じると、不安から嫉妬心が強くなる」と自己分析できた。

「パートナーがメタモア(自分から見てパートナーが他に付き合っている相手のこと)と、苺柄のパンツをはいてペアルックをしていることがあったんです。そういうとき、私は“私もその苺のパンツ、買う”と同じものをはくんです。そうすると、仲間はずれ由来の嫉妬はなくなります。メタモアに嫉妬をぶつけられるのはキツいと私自身、よくわかるので、なるべく揉めたくなくて。みんなが険悪になったときの地獄感は味わいたくない」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1