1205
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
トレンド

3枚重ね、竹素材、8ロール1万円超!トイレットペーパーの進化が止まらない

SNSでの感想
『ペンギン~6倍巻き』と一般的なシングルロールの比較。6倍巻きは重さもずっしりで、ロール径は若干太め
目次
  • いずれは東京タワー333m超え!?
  • 芳香剤いらずの香りつき、大ヒットのトリプル
  • 8ロールで1万1000円!
  • 環境を意識した竹素材&定期便

 1パック12ロール入りが主流だったトイレットペーパーに今、変化が起こっている。巻きが長く芯なしのタイプが主流となり、1パックあたり4個入りや6個入りが目立つように。また、2枚重ねどころか3枚重ねのもの、環境に配慮した竹素材のタイプも登場。進化を続けるトイレットペーパーの今と未来を探る。

いずれは東京タワー333m超え!?

 長く続いた緊急事態宣言下で、人知れず小さな進化を遂げていた生活必需品がある。トイレットペーパーだ。

 経済産業省統計をもとに算出したデータでは、トイレットペーパーの2020年の年間消費量は国民1人あたり8.66kgで、過去5年のあいだに0.54kgほど増加。特にこの1~2年はコロナ禍に伴う在宅勤務や外出自粛で、家庭でのトイレットペーパーの使用機会も多くなっている。

 このような背景を受け、スーパーやドラッグストアなどのトイレットペーパー売り場にも変化が起こった。これまで主流だった12ロール入りの商品が減少し、4~8ロール入りの「長巻き」タイプの商品が棚を占めるようになったのだ。通常1ロールあたりに巻かれている紙の長さはシングルで50m~60mほどだが、長巻きタイプは従来品に比べて1・5倍~3倍以上と、各メーカーの技術革新によってロング化が進んでいる。

「コロナ禍で在宅時間が長く、トイレットペーパーの使用量が増えたことで買い物の回数を減らし、まとめ買いをする人が多くなっています」

 そう教えてくれたのは、丸富製紙マーケティング本部の棚瀬久貴さん。同社は国内でも最長級の300mを巻きつけた『ペンギン 超ロング なが〜くなが〜く使える 6倍巻き』(2ロール入り 428円/価格は税込み、編集部調べ、以下同)という驚きの商品を開発するなど、トイレットペーパーの長巻き化を牽引(けんいん)し続けるパイオニア的存在だ。

弊社では40年ほど前に再生紙の芯なしタイプとして130mシングルを開発しました。当時は65mシングルといった商品がスタンダードでしたが、その約2倍の長さを1ロールに巻きつけた画期的な商品です」(棚瀬さん)

 公共施設などの業務用途のほか、全国の生協を通じて一般家庭にもじわじわとシェアを拡大してきたが、長巻きの認知度が格段に上がったのはここ最近になってからだ。

「高密度でコンパクトなので一度に多く運べて輸送効率もよく、輸送にかかるCO2の削減に高い効果が認められるようになりました。弊社も4倍、5倍、6倍とさらなる長巻き商品の開発に力を入れているので、いずれは東京タワー333m超えの超ロングタイプも商品化できるかもしれませんね」(棚瀬さん)

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 0