1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
生き方

有名占い師・LUAさんが語る「占い師が占えないこと」と「よい占い師の見分け方」

SNSでの感想
著書『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』が10万部という驚異的部数を売り上げている有名占い師・LUAさん
目次
  • こんな占い師は要注意
  • 占い師が占えないこと

 地上波プライムタイムで『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)が人気だったり、スマートホン用サイトやオンライン鑑定も増加したことで以前以上に身近な存在となった占い。ちょっとしたことから人生の一大決心まで、何かしらみてもらったことがある人も少なくないのでは?

 でも、ちょっと待って! 国民生活センターなどにも「無料鑑定というサイトに登録したところ、その後やりとりを重ねるうちに課金を求められ、やめようとすると“幸せは来ない”などと言われて120万円ほど支払ってしまった」という相談例が。よいことばかりではなく、占いの魅力を悪用する不届き者が問題になっている。

 被害者にならないため、著書『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』が10万部という驚異的部数を売り上げている有名占い師・LUAさんに、“占いとの付き合い方”や“占い師のタブー”“よい占い師の見分け方”について聞いてみた。

こんな占い師は要注意

 私たち、占いに行く側、客側が注意したいポイントは?

「例えば“あなたに合うパワーストーンを占います”みたいなの多いですよね? 占いの結果を受けて、ブレスレットを作ってくれるところとかも。別に、“開運のためにこの石がいいですよ”とかは自由だと思うのです。でも、“この石を身につけないと、あなたはずっと恋人ができないわよ”という感じで不安にさせて購入を迫ったり、あとは超高額なのはよくないですよね

 霊感商法のように不安を煽(あお)るようなら要注意ですね。

リピートを無理やり促すのもよくないですね。“次回、いついつまでに来ないと不幸になるわよ”みたいな。それと、占いの対面とかオンライン鑑定の場合は時間で金額が決まるものがほとんどなのですが、10分2000円だとして、占い師側がいらないことを話しまくって10分でおさめず、1分とか超えさせようとして“はい4000円です”なんて請求する場合もあるようです

 お試しのように短時間で安くて、気軽に! と見せかけて、その実たくさんお金を支払わせようとするのは悪質ですね。ところで、占ってもらう側で過度に深入りしない向き合い方はありますか?

「当たりはずれを過剰に気にする必要はないと思いますし、占いというのは、“今こういう状況だから、こうしたほうがよくなるのでは?”というような向き合い方をしたほうが健全です。依存するのではなく、エンタメとして楽しむくらいのほうがよいのではないでしょうか」

 タレント的な活動のオファーが来ても、あえて断っているというLUAさんだからこその忖度(そんたく)のない言葉の数々。ほかにもこんなパターンが。

「“彼氏と相性がいいですか?”と聞いているのに、“あなたはこういう性格ですよね”みたいに自分のフィールドに引き込むだけで、お客さんが求めているものに回答しないのはダメですよね。仮にその占い師さんがそういった内容が得意でないなら、“それは占えません”と断ってお金をとらないのが正しいわけです

 たしかに、友達と雑談しに行っているわけじゃないですもんね。

「お客さんに共感することはいいと思うんです。“私、死にたいんです”“あの上司から逃げたいんです”という相談を理解するのはいいと思うんですけれども、お客さんに占い師が迎合しちゃうのは違うなと。相談に対して泣いちゃったり、“本当にそいつはヒドイやつだね”って言ったり。あくまで占い師は平常心を保っておいて、冷静な判断を下さないといけない。一緒に心が揺れるのではなく、心を落ち着かせる方向に導かないと、せっかくよいアドバイスをしたとしても、お客さんがそれを実践できないですから」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 8
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 8
きゅん! 0