1006
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

NEOFIFTY -新50代の生き方-

渡辺えり、死ぬ気で舞台を続けてきた44年間と封を切らなかった両親からの手紙

SNSでの感想
渡辺えりさん 撮影/伊藤和幸
目次
  • 女同士の友情は、濃くて強くて揺るぎないもの
  • 夢見る力というのが一番必要な時代だと思う
  • 両親からの手紙、段ボール3箱分に詰まった愛情

 23歳で「劇団3〇〇(さんじゅうまる)」を旗揚げし、小劇場ブームをけん引。今日まで、劇作家・演出家・俳優として、幅広く活躍し続けている渡辺えりさん。60代の今も情熱的に仕事に人生に向き合う渡辺さんのロングインタビューを2回に分けてお届けします。熱のこもった言葉から、生きていく元気をもらえるはずです。

【第1回】では、現在出演中のキムラ緑子さんとのダブル主演による大人気舞台“有頂天シリーズ”第4弾『有頂天作家』への深い思い、段ボール3箱分の両親からの手紙について……などを語っていただきました。

女同士の友情は、濃くて強くて揺るぎないもの

──2020年3月~4月に上演予定だった舞台『有頂天作家』ですが、コロナウイルス感染拡大防止のため、公演が中止となりました。2年の時を経て上演が実現したことについての心境を教えていただけますか?

「本番ができると信じて、死ぬ気で稽古をしていたのに、残念ながら中止ということになりましたので、ようやく2年ぶりにできるということに心から嬉しく思っています」

 今作は、名優・杉村春子さんのために書き下ろされ、1992(平成4)年に新橋演舞場で初演、1994(平成6)年に再演され読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞した名作『恋ぶみ屋一葉』を、タイトルを『有頂天作家』と改め、さらに渡辺えりとキムラ緑子の二人ならではの掛け合いの面白さや相性の良さを加えた、恋文が紡ぐ歌あり踊りありの極上喜劇。

 舞台は明治43年の東京。恋文の代筆屋を営みつつも自身の恋には奥手な前田奈津(キムラ緑子)の前に、21年前に亡くなったはずの親友・元芸者の羽生きく=小菊(渡辺えり)が現れる。親友の登場により、これまで秘めてきた恋心が芽吹き始め……。売れっ子作家・加賀美涼月(渡辺徹)をめぐる二人の恋模様はちょっと複雑で、一途ゆえの騒動はどこか愛しく笑いを誘う。コミカルかつ繊細に描かれた「大人の恋」の物語。

この戯曲に出合ったのは、30年くらい前になります。杉村春子さんと乙羽信子さんの舞台『恋ぶみ屋一葉』の切符が取れなくて、客席後方にある監事室で拝見したんですけど、すごい芝居だなと思って、本当にもう号泣しちゃって。そのときに、(作・演出の)齋藤雅文さんにも初めてお会いして、“え! 自分と同い年の人がお書きになったんだ”と思ったのを印象深く覚えています。

 作品のテーマが素晴らしいんです。私も劇作家のひとりなものですから、虚構のものを書いていく業のようなもの……夢見る力ですね。そういった恋心みたいなものを支えにして生きていく。杉村さんがおやりになって、今回は緑子ちゃんがおやりになる奈津の、作家になれなかった代筆屋としての心情。恋しているんだけれども報われないという感情のまま、文章の中に入り込んで生きようとする女性の姿。男社会の中で女性がなかなか仕事を持てなかった明治時代の女性文学家の生きざまを描いているところに、本当に感銘を受けました。その作品をやれるとは思っていなかったので、決まったときは本当に嬉しい思いでしたね

渡辺えりさん 撮影/伊藤和幸

──キムラ緑子さん演じる奈津と、渡辺さん演じる小菊との友情の物語でもある今作。渡辺さんが共感されるところは?

私も9年前に親友を亡くして、会いたくても会えないという状況なんです。奈津が死んだと思っていた小菊に会ったら、本当に嬉しいだろうなと思ったんですよね。信頼している親友が、20年ぶりに目の前に現れたらどんなに幸せかっていうことを想像しながら、演じようと思っています。女性同士の友情というのは、濃くて強くて揺るぎないものだと私は思いますね

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 7
ほっこり 2
びっくり! 3
なるほど! 0
きゅん! 2
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 7
ほっこり 2
びっくり! 3
なるほど! 0
きゅん! 2