0527
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

現代社会は人間関係のストレスだらけ。世渡りの方法を知りたいけれど、大人になってしまった今は聞ける人も周りにいない──。でも大丈夫、それ懐ゲーで経験してますよ。あなたが「あのころ」夢中でプレーしたタイトルって、じつは“人生の教科書”でもあったんです。プロデューサー視点でひも解くゲーム体験の数々。

懐ゲー的処世術

懐ゲー的処世術(6)なぜか敵対視してくる人には「超時空要塞マクロス」の強烈な攻略法!

SNSでの感想
「超時空要塞マクロス」(バンダイ)※編集部撮影
目次
  • 強烈な攻略法が存在
  • 「小白竜(シャオ・パイ・ロン)」を口ずさみながら

「こいつ、敵だな……」

 現代社会では残念ながら“敵”と認識せざるをえない存在に遭遇します。

 どんな環境であってもWin-Winな関係を築いて、みんなが幸せになるような仕事をしたいものですが、どう考えても敵対視してくる人というものは出てくるものです。

 あるときは得意先、あるときは社内の同僚、そして時には上司ですら敵と化す可能性がある現代社会。

 楽しく仕事をしたい自分は、そもそも敵対関係なんて求めていない。建設的な仕事をしたいのに、今日も敵さんの処理にストレスをためる不毛な時間を過ごしてしまう。一体どうすればいいのか。

 大丈夫。それ、懐ゲーで経験してますよ。

 今回ご紹介する懐ゲーは、1985年にバンダイさんから発売されたファミコン用ソフト「超時空要塞マクロス」です。

 80年代にテレビと劇場で人気となったSFアニメ作品を題材にした横スクロールシューティングゲームで、プレイヤーは3形態に変形する自機を操作して、異星人と戦うという内容です。

 マクロスといえば美しい宇宙戦の描写が有名な作品。このファミコンソフトでも原作のよさは見事に再現されていて、舞台となる宇宙空間でははるか遠くで発生した爆発の光が見え、敵が撃ってくる弾も規則的で美しい軌道を描いてくれます。

 ゲームを盛り上げてくれるBGMにはアニメで流れている挿入歌「小白竜(シャオ・パイ・ロン)が使われていて、これまた原作再現度が非常に高いのです。

 アニメの雰囲気を見事に演出したキャラクターゲームの名作といっていいでしょう。

強烈な攻略法が存在

 ところがこのゲーム、アニメの雰囲気にじっくり浸るのには少々難がありました。

 難易度が高いのです。

 1面から弾丸の雨が降り注ぎ、2面以降はとにかく弾が多くて避けるのが非常に難しい。

 ライフ制なので何発か弾に当たってもゲームは進行するのですが、ボスステージにたどり着くころにはひん死状態。謎のオリジナルボスのこれまた無慈悲な弾幕攻撃に即ゲームオーバー、という展開に涙を流すプレイヤーが続出しました。

 攻略すべきはとにかく弾です。

 大抵の敵が弾を撃ってくるので画面は常に弾だらけ。並の動体視力では全部避けるなんてほぼ不可能。これはもうニュータイプに目覚めるしかないが、それは別作品なのでご法度か……。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0