1001
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
漫画・アニメ

【追悼秘話】藤子不二雄(A)さんの作品で、どうしてもアニメ化されなかった“問題作”とは

SNSでの感想
藤子不二雄(A)さん (C)共同通信社
目次
  • 黄金時代の『週刊少年チャンピオン』に掲載
  • 過激すぎた内容ゆえに……

 4月7日、88歳でお亡くなりになった日本を代表する漫画家の1人、藤子不二雄(A)さん。

 代表作を挙げれば、『忍者ハットリくん』『怪物くん』『プロゴルファー猿』『まんが道』『少年時代』そして、大人向けに描かれた『笑ゥせぇるすまん』など、きりがありません。

 これらの作品は、ほとんどがテレビアニメや実写ドラマ、あるいは映画化されています。

 今回は、そんな藤子不二雄(A)さんの作品の中で、人気があったにもかかわらず、どうしてもテレビアニメ化できなかった、あるタイトルについての話。

黄金時代の『週刊少年チャンピオン』に掲載

 その作品のタイトルは『魔太郎がくる!!』

 1972年から1975年にかけて『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に連載された作品です。

 その当時の『週刊少年チャンピオン』と言えば、『ブラック・ジャック』(手塚治虫)/『ドカベン』(水島新司)/『がきデカ』(山上たつひこ)/『バビル2世』(横山光輝)など、人気漫画がめじろ押し。そんな中にあって、カルトな人気を誇ったのが、この『魔太郎がくる!!』という作品でした。

 物語の主人公は、浦見魔太郎(うらみまたろう)という中学生。

 ひ弱で、いじめられっ子の主人公が、黒魔術などを使って、毎回、自分をいじめた相手に「恨み」を返すという内容。

 子どものころ、自分自身がいじめられっ子だった藤子不二雄(A)先生が、「いじめっ子に仕返しできたら……」という「いじめられっ子の夢」を漫画にしたような作品です。

 私は、連載当時、偶然手にした『週刊少年チャンピオン』で第1話を読み、最後の展開に衝撃を受けたのを覚えています。

 魔太郎が口にする決めゼリフは、「こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か」

 このセリフを言ったあと、物語の後半に黒マントを羽織って反撃に転じた魔太郎が、相手に対して恨みを晴らすくだりは、ある意味、「最後に悪人が主人公にやられる、お決まりの時代劇」のようなカタルシスがありました。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 1
ほっこり 1
びっくり! 2
なるほど! 7
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 1
ほっこり 1
びっくり! 2
なるほど! 7
きゅん! 0