0526
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
スポーツ

プロ野球開幕! 新庄剛志“ビッグボス”の「プロ野球界の常識を変える」豪快エピソード3選

SNSでの感想
目次
  • 現役時代、ゴールデン・グラブ賞の選考にクレーム?
  • 監督就任のあいさつで、プロ野球史上初の発言
  • サヨナラホームランを打たれたときに見せた、意外な姿

 3月25日に、セ・リーグ、パ・リーグ同時開幕となった今年のプロ野球。

 注目はなんと言っても、24日に日本野球機構から、登録名が正式に「BIGBOSS」に変更されると発表があり、名実ともに“ビッグボス”となった新庄剛志さんが率いる北海道日本ハムファイターズ(以下日本ハム)ではないでしょうか?

 何が楽しみかというと、新庄さんがやろうとしていることが、「これまでのプロ野球の常識を変える意識改革」だという点が楽しみなのです。

 現役時代のプレーからプライベートに至るまで、エピソードが数限りなくある新庄さんですが、今回は特に、「プロ野球全体の未来を考えて、これまでの意識を変えようとしていることが垣間見えるエピソード」を3つ、ご紹介したいと思います。

現役時代、ゴールデン・グラブ賞の選考にクレーム?

「新庄は、自由気ままにやっているように見えて、実はプロ野球全体のことを考えているのではないか?」

 新庄ファンならずとも、そんなふうに思わせてくれたエピソードがあります。

 それは、新庄さんがまだ日本ハムの外野手だった2005年。守備のすぐれた選手に授与される『ゴールデン・グラブ賞』の授賞が決まったときのこと。

 華麗な守備と、とんでもないレベルの強肩で知られた新庄さんは、同賞の常連で、このときは通算9回目の受賞でした。

 しかし、この年はケガで試合の出場機会が少なかったことから、記者たちに対して、こんな発言をしたのです。

「今年のオレのゴールデン・グラブ賞はおかしい。1年間、この賞を心の中で目指して取り組んでいた(ほかの)選手に申し訳ない。来年からは、印象ではなく数字で選んでほしい。そうでないと、このすばらしい賞の価値がなくなってしまう」

 どんな名選手でも好不調の波があるバッティングと異なり、「守備と走塁にはスランプはない」と言われます。それだけに、ゴールデン・グラブ賞は、プロ野球選手にとっては、実力が評価されるとても名誉な賞です。

 その受賞について、選手自身が「自分がもらうのはおかしい」と発言するなど、前代未聞のこと。

 このあたりからすでに、新庄さんの目線が自分や所属チームの日本ハムだけでなく、「プロ野球全体」に向いていたことが垣間見えます。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0