0521
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
BOOK

芸能マネージャーから小説家になった染井為人さんが語る転身理由「かかってくる電話から逃げ出したかった」

SNSでの感想
染井為人さん 撮影/山田智絵
目次
  • 福祉の仕事に応募したはずが、なぜかマネージャーに
  • きっかけは、なりゆきで書いた児童書籍
  • 初めての作品でまさかの作家デビュー

 先日、WOWOWで放送された亀梨和也さん主演の『連続ドラマW 正体』。亀梨さんが殺人事件の容疑者として死刑を宣告された男を熱演し、話題になりました。

 その原作となる小説『正体』を書いた作家の染井為人さんは、元芸能マネージャーという異色の経歴の持ち主。

 デビュー作の『悪い夏』で、いきなり横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞。それ以来、『正義の申し子』、『海神(わだつみ)』など数々の物語を世に送り出してきたものの、その素顔はあまり明かされていません。作家になるまでの知られざる経緯や、物語を生み出す原動力などを伺いました。

染井為人さん 撮影/山田智絵

福祉の仕事に応募したはずが、なぜかマネージャーに

実は昔から作家を目指していたわけではなく、かかってくる電話から逃げ出して、ひとりで静かに過ごしたいというのが、小説を書き始めたきっかけだったんです

──すごいきっかけですね。それまではどのような仕事をされていたのですか?

高校を卒業するまではサッカーひと筋でしたが、プロにもなれず、推薦で大学に行くこともできませんでした。卒業してから2年くらいは、長野県の菅平にあるサッカー養成所でサッカーを続けていましたが、20歳になる頃には地元の千葉に戻ることに。そこから1年くらいはグループホームで介護の仕事をしていましたが、これで一生食べていくのは厳しいかなと思い、退職しました

──菅平も介護も、小説『正体』に出てくる場所や職業ですね。

「その頃の体験を参考にしました。介護の仕事の後は派遣会社に入社したものの、ある事件が起きてまた辞めることに。その後の転職活動で縁があって入社したのが、芸能事務所だったんです。福祉関連事業も行っている会社だったのでそれを狙って応募したのですが、採用されたのはまさかのマネージャーでした(笑)

──マネージャーのお仕事はどのようなものだったのですか?

今はもうありませんが、ティーン向けの『ピチレモン』(学研プラス、2015年に休刊)という雑誌に出ている、モデルのマネージャーです。所属しているのは小学校高学年から高校生くらいまでの女の子ばかりで、まるで私は学校の先生のようでした。例えば撮影前に電話で朝起こしたり、悩んでいる子がいたら相談にのり、学校からクレームがあれば謝りに行くことも。

 モデルの世界は厳しいですから、努力している子が必ず活躍できるわけではありません。がんばっていても優遇してあげられず、落ちこんでいるのを見るのがつらいこともありましたね」

染井為人さん 撮影/山田智絵
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 2
ほっこり 2
びっくり! 4
なるほど! 2
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 2
ほっこり 2
びっくり! 4
なるほど! 2
きゅん! 1