0926
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
生き方

30歳でキックボクシングを始め、43歳で王者に。『SNAIL RAMP』竹村哲のくじけない生き方

SNSでの感想
竹村哲さん。挫折や苦労があっても前向きでいる竹村さんに、取材班は勇気をもらった 撮影/高梨俊浩
目次
  • 30歳でジムに入会。キックボクシングにハマる
  • キックを始めて1年。31歳でいきなりのリングデビュー
  • 43歳で念願のキックボクシング王座に
  • バンド時代、レーベル運営で1500万の借金
  • 今の目標はキックボクシング人口を増やすこと

 '90年代後半に若者を中心に起こった「メロコア」と呼ばれる音楽ムーブメント。そのブームの中心にいたバンド、SNAIL RAMP(スネイルランプ)。スネイルでベース兼ボーカルを担当していた竹村哲は、30歳でキックボクシングを始め、43歳のときに第12代NKBウェルター級王座となった。

 インタビュー#2では、バンドマンから、キックボクシング王者というその輝かしいセカンドキャリアについて語ってもらった。

インタビュー#1【メロコアブームの雄『SNAIL RAMP』竹村哲が語る、バンド結成から活動休止までの裏話】はこちら

30歳でジムに入会。キックボクシングにハマる

──いつごろから、キックボクシングを始めたのですか?

喉のコンディションが気になって、バンド活動がストレスになっていた2001年春にジムに入ったんです。バンドの1回目の休止と入れ替わりみたいな感じでした

──キックボクシングを始めたきっかけは、何だったのですか?

「最初から、キックボクシングがやりたいって思っていました。キックをやる前に、プーケットに遊びに行ったことがあったんですが、そこにスタジアムがあって、週に2回、興行が開かれていた。観に行ったら“面白い!”って思って、滞在中もレンタルバイクを借りて4回ぐらい観に行きました」

──そこから実際に始めるのには勇気がいりませんでしたか?

めっちゃいりましたよ。ジムを見学して、ヤバそうだったらすぐ帰るつもりでした。でも自主性に任せるジムだったので、しごかれることもないからいいかって入会しました

──キックボクシングを始めてみて、どうでしたか?

どんどんキックボクシングにのめり込んでいきました。レコーディングスタジオで自分の録音が終わったあと、片隅で縄跳び跳んだり、シャドウしていましたね(笑)

キックを始めて1年。31歳でいきなりのリングデビュー

──キックボクシングのプロデビューは、いつでしたか?

デビューは2002年の12月。今はアマチュアの経験を積んでからプロライセンスの試験を受けて、受かってからデビューするのですが、当時はプロライセンスのテストもなくて、いきなり後楽園ホールで試合していました

──後楽園ホールといえば、格闘技の聖地ではないですか。デビュー戦は手ごたえがありましたか?

デビュー戦でいきなり肘(ひじ)をもらったんです。肘を教わっていなかった(笑)

──本当ですか。

「いい加減なんですよ、キックのジムって。キックってなにも防具を着けないので、短い木刀で思いっきり殴られたような衝撃でした。あれが一番のショックでしたね」

竹村哲さん 撮影/高梨俊浩

──それでも続けようと思ったのは、どうしてですか?

単純にキックが好きだった。スネイルを途中で止めて、キックに移ってきちゃった負い目と言うか。バンドをやりながらキックをしていたので、そのときは風当たりがキツかったですよね。当時はBBS(電子掲示板)で“もっと曲書けよ”とか、“スネイルやれ”って書かれたりしました

──キックボクシングと、バンド活動との両立は難しかったですか?

「バンドは2002年から2年休んで、またやり始めるんですけれど。キックをプロでやりながらバンドやって、なおかつ若手バンドのCDを出すためのレーベルの運営もやっていた。みんなに迷惑をかけているなっていう気持ちがあって、“せめて一個、結果は残さなきゃいけない”っていう覚悟に変わりました

──そこで、キックに本腰を入れるのですね。

わかりやすいのはベルトを獲ることだなって。チャンピオンにならなければ、“あの人、プロだよ”って言っても、1戦しかしていないキックボクサーと一緒なんです。なんとしてでもベルトを獲ろうって思いました

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 2
なるほど! 1
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 2
なるほど! 1
きゅん! 1