0630
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

超高学歴アイドルユニット「学歴の暴力」、東大卒と京大卒“はじめての2人旅”がもたらしたもの

SNSでの感想
ライブコスチュームに身を包む、えもりえも(写真左)、なつぴなつ(同右)
目次
  • アイドル活動以外ではじめて一緒に行動
  • “映え写真”におそろいグッズ、楽しい時間の中で
  • 「わが子のような神戸牛」やスイーツたちに舌鼓
  • 大丸百貨店の勢力におののきながら、帰路へ
  • 睡魔に襲われ、まさかの出来事が相次ぐ
  • 似ているようで似ていない私たち
  • 「コイツ、面白いな……」相方の発想に拍手
  • エンディング〜妖艶な女性の香りに包まれて〜

 東海地方を中心に活動する、東大卒と京大卒による超高学歴アイドルユニット「学歴の暴力」。東京大学の工学部でシステム創生学を学んだなつぴなつさんと、京都大学の農学部で藻の研究にいそしんだえもりえもさんによって2021年の6月に結成されました。2人とも平日はそれぞれ別の仕事をしながら、休みの日はライブやイベントなど、「学歴の暴力」としての活動にささげています。

『fumufumu news』では、2022年の2月に彼女たちへのインタビューを敢行。学歴を全面に押し出したアイドル活動を始めたわけや、高学歴ならではの痛みを伺い、彼女たちの独特な感性や、抱えている悩みの深さに強くひきつけられました(記事:「勉強以外、なんの取り柄もない」東大卒&京大卒のアイドル『学歴の暴力』が歌う高学歴の苦悩)。

 彼女たちの胸の内をもっと覗いてみたい、という思いで連載コラムの執筆を依頼したところ、ありがたいことに快諾。毎回テーマを設定し、メンバーそれぞれの“自分らしさ”を生かし、感じたことを文章にしてもらいます

 記念すべき第1回では、ゴールデンウィークに2人で行った神戸旅行を題材に、互いの紹介を交えながら、印象深かった出来事や相手への思いをつづってもらいました。

 なお、「学歴の暴力」は2022年5月8日、名古屋大学卒の新メンバー・あずきあずさんの加入を発表し3人体制に。今後はあずきあずさんにもご登場いただきますが、今回は加入前のエピソードということもあり、なつぴなつさん、えもりえもさんの2人のみに執筆いただいています。

東大卒女子と京大卒女子ではじめて旅行した話~えもりえも編~

 私、えもりえもとなつぴなつは、『学歴の暴力』というアイドルユニットを組んでいる。東大卒のなつぴと京大卒の私でやりたい放題セルフプロデュースで、アイドル活動をしている。

アイドル活動以外ではじめて一緒に行動

 2022年のゴールデンウイーク、私たちは神戸のライブハウスに出演する機会をいただいた。思い切って、「ライブの次の日、神戸で遊ばん?」となつぴに提案してみると「サイコー!あそぼ!」と、すぐに返事が来た。

 私は人を誘うのが苦手で、「相手は望んでいないかもしれない……」と躊躇(ちゅうちょ)してしまうタチだ。思えばアイドル活動を始めたのも、アイドル活動という共通の目的がないと同年代との交流ができない、という問題があったからかもしれない。

 彼女とは1年間、一緒に歩んできたとはいえ、アイドル活動以外で一緒に行動するのは初めてである。誘うのに少し勇気がいったが、彼女はまだ私にとって“えたいの知れない興味深い存在”であり、好奇心が勝ち、見事このたび一緒に遊ぶことに成功したのだ

 ライブの合間に、翌日の観光の打ち合わせをした。私は旅行のときに細かく計画を立てたいタチだ。現地のストリートビューを事前に見て、景観に合う服を選んだり、どこのカフェやどの店に入るか考えたりと、あらかじめ決めておきたいのだ。だが、これが許されるのはひとり旅のときだけで、誰かと行動するときにがんじがらめではよくないということは、さすがに分かってきている。

 彼女のリクエストとしてステーキが食べたいということを聞いていたので、ひとまず予約だけはすることにした。あとは、山側にある北野異人館のスタバに8時30分に集合し、午後は海側のチョコレートミュージアムがあるエリアに行く、とだけざっくり決めた。

 神戸は大学時代によく遊んでいた街なので、また行けることが楽しみだ。

“映え写真”におそろいグッズ、楽しい時間の中で

 当日の朝、着替えと化粧をすませ、ホテルに荷物を預け、出る準備を完璧にしていると、彼女から「ごめん、集合時間9時にしていいかな……?」とLINE。開幕早々、遅刻である。とてもマイペースな様子が伺える。

「いいよー! 先スタバ入ってるね!」と返事。待たないスタイル。

 なぜなら北野異人館のスタバは山の中腹(?)にあるので、たどり着くのに時間がかかるうえ、登録有形文化財の建物にあるため、何としてでも前もっていい席をとって“映える写真”を撮りたいからである。窓側のとてもいい席で写真を撮って楽しんでいると、彼女がやってきた。なんと、クソデカキャリーを持って山を登ってきた(預けてくると思った)! 傾斜を気にしないスタイル、すごい。

 そこからの観光はとても楽しく、北野異人館に出るとウワサの幽霊を探したり、置いてある家具が、私の好きなホラー映画『ミッドサマー』のようだと話したりした。思えば、今まで好きな映画についてなどを話す機会もなかった。

北野異人館にて、鏡越しに撮影。残念ながら幽霊は映り込んでくれなかった

 途中、大学時代に気に入っていた靴屋を見つけた。まだあった。とても履き心地がよく、足が疲れない。まだ店があったことでとてもうれしい気持ちになり、2足も買ってしまった。彼女も気に入った靴を見つけ買っていた。自分の気に入った店を相手も気に入ってくれるのはうれしいことに気づく。これからも観光を続ける中、靴が荷物になってしまうのは嫌だが、彼女と同じ紙袋を持っていると、なんだかより仲よしになれた気持ちになり、靴2足を持って歩くことも苦でなくなった。

靴屋でおそろいの紙袋をゲット! まだまだ旅は続く
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 6
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 7
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 6
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 7