0930
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

「勉強以外、なんの取り柄もない」東大卒&京大卒のアイドル『学歴の暴力』が歌う高学歴の苦悩

SNSでの感想
高学歴アイドルユニット・学歴の暴力 撮影/吉村智樹
目次
  • 高学歴だけど「自分に自信がない」
  • つらい気持ちをTwitterで吐き出していた
  • アイドルになりたくて東大を受験した
  • 「アイドルになれば救済されるのではないか」と
  • 高学歴だからこそ虐げられる現状をユニット名に
  • 学歴の暴力は、いることを許された場所

『学歴の暴力』という物騒な名前のアイドルユニットが東海地方で話題となっています。彼女たちはその名のとおり、東大卒&京大卒という高学歴。

 そんな学歴の暴力が活躍するのはライブハウス。ライブアイドル、かつては「地下アイドル」と呼ばれたインディーズシーンで頭角をあらわしたのです。

主に東海地方のライブハウスで活躍 撮影/吉村智樹

 なつぴ なつさんは東京大学卒。工学部システム創成学科で学びました。現在は愛知県で広報関係の仕事をしています。

東京大学卒のなつぴ なつさん 撮影/吉村智樹

 えもり えもさんは京都大学卒。農学部で藻の研究にいそしみ、現在は岐阜県にある植物の研究所にお勤めです。

京都大学卒のえもり えもさん 撮影/吉村智樹

 理系の二人が高学歴アイドルユニット・学歴の暴力を結成したのが2021年6月。ユニットの同名曲『学歴の暴力』や、人生に敷かれた軌道から外れる覚悟を歌う『今まで真面目に生きてきたけれど』など学歴社会をテーマとした曲の数々で衝撃のデビューを果たしました。以来「仕事が休みの日は、ほぼライブ」というほど、精力的に活動しています。

 いったいなぜ学歴を前面に押し出したアイドル活動を始めたのか。彼女たちに話を聞いてみました。そこには、高学歴ゆえの悩みや痛みがあったのです。

高学歴だけど「自分に自信がない」

──ライブでの「低学歴の方も、高学歴の方も、一緒に楽しみましょうね!」というかけ声、最高です。

なつぴ なつ(以下、なつ)「あれはお客さんがめっちゃ笑ってくださるので必ず言うんです。けれども内心は、“いつか誰かに怒られるんじゃないか”、“誰かを傷つけているんじゃないか”と不安で

「低学歴の方も、高学歴の方も、一緒に楽しみましょうね~」というかけ声にいつも笑いが生まれる 撮影/吉村智樹

──いやいや、他のアイドルのライブではまず聞けない、学歴の暴力ならではのMCで痛快です。ユニット名にもなっている曲『学歴の暴力』の歌詞もすごいですね。高学歴マウントをとっているようで、気になる男子が私大女子に夢中で嫉妬して凹んでいるという。ねじれた感情が露わになっていますね。

なつ「歌詞は二人で書きました。“高学歴だから余裕っす”みたいな顔をしているけれど、心の中では“私大の女の子はキラキラしてて、かわいくていいなー”みたいなコンプレックスがあって。自分に自信がない部分を誇張して書いていますね

えもり えも(以下、えも)それだけじゃなく、“高学歴だからって低学歴の私たちをバカにしてるんでしょ”って、相手に勝手に反感を買われるキツさも歌詞に盛り込んでいます。私たちからすれば、“あなたこそ私たちをステレオタイプの高学歴だと思ってバカにしていますよね”という気持ちなんです

──ねじれにねじれていますね!

なつ本当に自分に自信がないんです。東大生だし勉強はできたけれど、自分は頭がいいだなんて一度も思ったことない。受験のときも、たまたま私が解けた問題を、他の人が解けなかっただけ」

「私大の女の子に対するコンプレックスがある」という 撮影/吉村智樹
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 38
うるうる 6
ほっこり 23
びっくり! 6
なるほど! 46
きゅん! 10
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 38
うるうる 6
ほっこり 23
びっくり! 6
なるほど! 46
きゅん! 10