1203
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
暮らし

スーパー・ライフが手がける自然派スーパー「ビオラル」の魅力を調査! 絶対に食べるべき“鮭弁当”とは

SNSでの感想
ビオラル新宿マルイ店 撮影/山田智絵
目次
  • 駅直結で立ち寄りやすく、カフェも併設
  • 新宿マルイ店の人気商品ベスト3。“しぼりたて”がおいしい!
  • 店長おすすめはアツアツが楽しめる軽食
  • ビオラル常連ライターのおすすめは“話題のケチャップ”
  • 手頃な価格とおいしさが魅力。コロナ禍でオーガニックニーズが加速

 人々の健康意識が高まり、オーガニック市場が拡大している現在、スーパーマーケットチェーン「ライフ」を運営する株式会社ライフコーポレーションが手がける自然派スーパーマーケット「ビオラル」が注目を浴びています。

 プライベートでは、「ビオラル」で買い物をするためにわざわざ電車に乗って出かけるほど愛用している筆者が、今年5月にオープンした「ビオラル 新宿マルイ店」を取材してきました。

駅直結で立ち寄りやすく、カフェも併設

 ビオラルは、オーガニック・ローカル・ヘルシー・サスティナビリティをコンセプトに、地球に優しく、全ての人が健康に暮らせることを目指した自然派スーパーマーケット。店名と同じ「BIO-RAL(ビオラル)」というプライベート商品のブランドを持ち、農薬、化学肥料、添加物などを極力使わない商品を企画、製造、販売しています。

 新宿マルイ店は、吉祥寺、下北沢に続く、首都圏3号店(※全国では5店舗目)。東京メトロ・新宿三丁目駅に直結している複合施設「新宿マルイ本館」の地下1階にあるので、買い物や仕事帰りに寄りやすくなっています。

 231平方メートルのナチュラルモダンな店内で、ビオラル商品をはじめ、有機野菜や食料品、調味料、日用品などが陳列されているほか、デパ地下のように、サラダやお総菜は対面で量り売りをしています。ほとんどのお弁当とお総菜は、店内で作っているとのこと。

新鮮な有機野菜が豊富に並ぶ。中には東京育ちの野菜も 撮影/山田智絵
有機原料や食品添加物に配慮したサラダや総菜などを量り売り 撮影/山田智絵

 珍しいのは、6種のこだわりの玄米を量り売りしているコーナーがあるところ。お好みの分づき(ぬかや胚芽を残して玄米を精米すること)にしてくれます。

 新宿マルイ店の魅力は、「ビオラルカフェ」が併設されていること。店内では、ホットドックやサンドウィッチなどの軽食から、ジェラート、ケーキなども楽しめるようになっています。

 オーガニックコーヒーは、驚きの200円(価格はすべて税抜き)。出社前に立ち寄ってテイクアウトするお客様も多いそうです。

ビオラルカフェでは、コーヒーに合う軽食やスイーツ、乳化剤不使用のジェラートなどを販売 撮影/山田智絵
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1