0521
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
人物

『チロルチョコ』約7000個を食し、愛しすぎて結婚式を挙げた女子大生「チロリスト・チロ吉」さんが語る“魅力”

SNSでの感想
チロリスト・チロ吉さん 撮影/吉村智樹
目次
  • 多い日で50個を食べるほどチロルチョコを愛する
  • チロルチョコは憧れの存在。「将来はチロルになりたい」
  • チロルチョコのパッケージデザインに心を打たれた
  • カレーパン味、明太子味……味へのチャレンジ精神に感動
  • ついにチロルチョコとの結婚式を挙行

「これまで食べたチロルチョコの総数は7000個を越えますね。私の身体の半分がチロルチョコでできています。食べた種類はだいたい700タイプ。それが私の血となり肉となりました」

 チロルチョコレートをこよなく愛す女子大生「チロリスト・チロ吉」さんは、そう語ります。

 コンビニエンスストアやスーパーマーケットで必ず見かけるチロルチョコ。福岡県の田川という炭鉱の街で産声を上げたこの小さなチョコレートは、今や全国の誰もが知っている国民のアイドル的存在。また、「いつ見ても新商品が出ている」と思うほどリリースのスピードが速い。次から次へと発売される商品には、ときには「こんなものまでチョコにするの?」と、味への実験精神に驚かされるものもあります。チロルチョコはメジャーでありながらどこかアウトサイダーな香りがするお菓子界の革命児なのです。

驚くほど種類が豊富なチロルチョコレート 画像提供/チロリスト・チロ吉さん

 滋賀県にある成安造形大学でデザインを勉強するチロリスト・チロ吉さんは、チロルチョコの創造性やチャレンジ精神に強く影響を受けました。以来約700種類、総計およそ7000個ものチロルチョコを実食。さらにSNSを通じて日々ひたむきにチロルチョコへの愛を発信し続け、ついに「チロルチョコとの結婚式」まで挙げてしまったのです。そんな彼女に、小さなチョコレートに潜む大きな魅力をお聞きしました。

多い日で50個を食べるほどチロルチョコを愛する

──毎日どれくらいの量のチロルチョコを食べるのですか。

「少なくとも10個ほど。多い日で1日に40から50個くらい食べます」

──ご、50個! 本当に大好物なのですね。

「大好きです。クリスマスカップやハロウインカップなど、いろんな味のチロルチョコがたくさん入った期間限定のアソートパックがあるんです。そういうタイプだと1日でカラにしちゃう場合がありますね。それにチロルは特別なセットにしか入っていないレアものもあるので、食べる経験は私にとってとても重要。見つけたら食べないと二度と手や胃に入らなくなるから

食べたあとのパッケージは「チ層」と呼ぶ自作のコレクションボックスで枚数を管理する 画像提供/チロリスト・チロ吉さん

──なるほど。いま食べないと、もう出合えないかもしれないのですね。チロルは一期一会に近いお菓子なんですね。

そうなんです。セットを食べ尽くした日は、さすがに自分でもチロッと“今日は愛が強すぎたかな”と思います。でも、食べていて楽しいから止まらない。甘いの、苦いの、酸っぱいの、しょっぱいの、食感がおもしろいのなど、味にバリエーションがあるので飽きないんです。食べるというより、極上のエンタメを体験しているという感じですね

「チロルチョコレートは“食べるエンタメ体験”」と語る 撮影/吉村智樹

チロルチョコは憧れの存在。「将来はチロルになりたい」

──チロルチョコを食べない日はあるんですか。

「あるかな……ああ、真夏の出かけている日は結果的に食べなかったケースはあります。持ち歩くと溶けてしまうので」

──やむをえない事情があって食べられなかった、ということなのですね。とても失礼な質問ですが、「ダイエットをしなきゃ」という気にならないですか。

「なりますよ。ダイエットはやっぱり考えますね。日頃から、ごはんを食べすぎないように気をつけています

──いいえ、そ、そういう意味ではなく、「チロルチョコを食べる数を減らさなきゃ」とか

え! チロルを抜くダイエットですか? そんなの考えたことはないです。たとえ、ごはんを食べるのを忘れても、チロルを食べないなんて考えられない。“チロ食べ”は、すなわち私の幸せ。ですので、チロルを食べない理由がないんです

「チロルを食べることが私の幸せ。チロルを食べない理由がない」と語る 撮影/吉村智樹

──たいへん失礼をいたしました。少なくとも毎日10個は食べるチロルチョコは、チロ吉さんにとって、おやつですか。それとも、別のなにかですか。

おやつ……。う~ん、おやつという感覚はぜんぜんないですね。チロルチョコは私の“人生のエネルギー源”であり、かっこいい、憧れの存在なんです。疲れたとき、悩んだとき、頑張らなければならないとき、これまでどれだけチロルチョコに励まされてきたか。悔しくて泣いた日もチロルのおかげで立ち直れました

チロルチョコを愛するあまり、食べるだけにとどまらず身に着けるようになった 画像提供/チロリスト・チロ吉さん

──チロ吉さんにとってチロルチョコは、目標とする偉人のような存在なのですね。

チロルは、おいしくて安くて手に取りやすい。見てかわいい。身近にいて、みんなに笑顔を届ける存在。いわば、みんなを幸せにしてくれる人物なんです。そういう者に私はなりたい。“将来は何になりたいか”と聞かれたら、“チロルチョコになりたい”と答えます。本気でチロルチョコになれる人生を目指しているんです

──まるで宮沢賢治の話を聴いているようです。

「確かに私、チロルチョコを人格としてとらえていますね」

「チロルチョコを人格として捉えている」と語る 撮影/吉村智樹
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 4
なるほど! 0
きゅん! 2
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 4
なるほど! 0
きゅん! 2