0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

蒼井翔太が現代版『オズの魔法使い』で「僕と似ている」と語るかかし役に挑戦

SNSでの感想
蒼井翔太 撮影/山田智絵
目次
  • いい意味でオリジナルのかかしを作っていけたら
  • 心からワクワクできる楽曲ばかり
  • 最近、オートミール生活を始めました!

 声優、またアーティストとして絶大な人気を集め、Twitterフォロワー数は100万人以上という蒼井翔太さん。俳優としてミュージカルや舞台にも数多く出演している蒼井さんが、この夏チャレンジするのは、ミュージカル『DOROTHY~オズの魔法使い~』。1900年に児童文学として誕生し、今も世界中で読み継がれる童話「オズの魔法使い」の物語をベースにしたオリジナルミュージカルとして注目の作品で、蒼井さんは“かかし”役を演じる。

 本稽古に入る前に、今作への思いや魅力について、蒼井さんがミュージカルに出演する理由などを伺いました。また、いま大切にしている食生活、最近お気に入りの美容アイテムなどプライベートについても、お話しいただきました。

いい意味でオリジナルのかかしを作っていけたら

──ミュージカル『DOROTHY~オズの魔法使い~』のかかし役でオファーがきたときはどう思われましたか?

「『オズの魔法使い』の登場人物には、僕たちが常日頃感じていることであったり、生きている中で疑問に思うことについて、気づかされるようなヒントが、どの人物にもちりばめられているんですよね。その中でもかかしは、すごく純粋無垢で何も考えていないようだけど、しっかりみんなを引っ張っていくところもある、印象深いキャラクターではありました。

 最初に出演のお話をいただいたときに『オズの魔法使い』の中で演じるなら、かかし役がいいなって思っていたんですよ。だから素直にうれしかったです。うれしい気持ちもあり、同時にすごくプレッシャーもあります。やりたいと思った役だからこそ、自分の理想像がすごく高かったりしますし、その理想像まで到達する道のりは長く感じたりもするだろうし、ハードルも高くなるだろうし、そういう思いも自分の中にはしっかりとあります。

 そして今回は、世界中の皆様に愛されている名作をベースにしながらもオリジナル作品なので、Wキャストの鈴木勝吾くんと一緒に稽古をしながら、役作りで思ったことや感じたことをすべて言葉に出して、しっかりとコミュニケーションをとって、いい意味でオリジナルの勝吾くんと蒼井翔太のかかしを作っていけたらなと思っています」

──どうして、かかし役を演じたいと思われたんですか?

僕とちょっと似ているところがあるというか……。このお仕事をさせていただくようになって、常日頃からいろいろなことを考えるようになりましたけど。こうして人前に出るようになるまで、人生の先のことなんて考えられないし、自分の今の状態も考えられないし、これからどうしたらいいんだろうと思っていた時期があって。

 だけれども当時、あるオーディションに勇気を振り絞って度胸試しで出ようと思ったんですよね。そのときに、オーディションを受けるとか自分の中にはないと思っていたのに、しっかりと頭で考えて勇気を出して進むきっかけが自分の中にもあったんだっていう……。

 そういうふうに考えたときに、原作のかかしに似ている部分があるなって思えて。かかしも脳みそが欲しいと言っているけど、自然と頭を使う場面があって、実は脳みそを持っていたのかもしれないみたいな。そういうシチュエーションがなんだか自分に似ていて、かかし役がやりたいなって思ったんですよね(笑)

◇  ◇  ◇
ミュージカル『DOROTHY~オズの魔法使い~』メインビジュアル

◆ミュージカル『DOROTHY~オズの魔法使い~』
 誰もが知っているライマン・フランク・ボーム作の童話『オズの魔法使い』。主人公の少女ドロシーが不思議な“オズの王国”で旅をしながら、それぞれに悩みを抱えた、かかし、ブリキ、ライオンといった仲間たちとともに歩み成長していく物語は、読み手によってさまざまな表情を見せる多様性も大きな魅力。そんな名作が、田尾下哲による新たな世界観と宮川彬良の書下ろし楽曲により、古きアメリカから現代のとある国へと舞台を変え、新作ミュージカルとして生まれ変わる。「音楽が支配する魔法の国」での冒険物語は、すべての大人たちに贈る、奇跡の歌の物語。

 ドロシー(桜井玲香)は、とある都会の大学生。学校のオーケストラ部ではコンサートマスターを務め、外ではプロのヴァイオリニストとして活躍する一面も持つ。学生最後の定期演奏会を前に追加リハーサルを決定したドロシーに対し、それぞれに生活のある楽団員たちからは不満が噴出。それまで頼られることしかなかったドロシーは、ショックから練習室を飛び出し自らヴァイオリンを封印しようとする。すると不協和音が鳴り響き、楽譜や楽器が飛びかって……気がつくとそこは、現実とはかけ離れた異世界・音楽の都「OZの王国」だった。そこでドロシーを待っていたものは──。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 2
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 2