0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

知っていそうで知らないフシギを探る旅──。今どきはググれば簡単に答えが見つかるかもしれないけど、その筋の専門家に直接ギモンをぶつけてみたい。根掘り(N)葉掘り(H)聞いて(K)みました。

ビューティ

【紫外線#4】紫外線を浴びないデメリットも!適度に日に当たりながら肌を守るのがUVケアの極意

SNSでの感想
株式会社コーセー 安全性・分析研究室の後藤祐一郎さん(右)と同研究室・研究主任(薬学博士)の坂田修さん(左)
目次
  • フムフムな発見9:レモンパック、キュウリパックが肌荒れの原因になることも
  • フムフムな発見10:UVケア商品=日焼け止め効果+美肌効果+快適な使用感
  • フムフムな発見11:日焼け予防の継続が、将来の“美肌”につながる

 紫外線の秘密を探る旅もいよいよ終わりが近づいてきました。シリーズ最終話では、日焼け止めのメカニズムを伺って話を締めたいと思います。UVケア商品には紫外線をカットするだけでなく、肌の潤いを保つなど美白のための成分も含まれています。若いうちから紫外線対策をしておいたほうがいい理由を、コーセーの安全性・分析研究室の後藤祐一郎さんに伺います。

◎第1回:【紫外線#1】紫外線が強い時期、UVケアが必要なのはなぜ?
◎第2回:【紫外線#2】UVBは肌に急激なダメージを与え、UVAはジワジワとダメージを与える
◎第3回:【紫外線#3】知らなかった人は要注意!海水浴場に負けないくらい夏山は紫外線が強い!!

フムフムな発見9:レモンパック、キュウリパックが肌荒れの原因になることも

──私が子どものころなのでずいぶん古い話になりますが、海水浴に行ったり、運動会などのあと、母親はよくレモンパックやキュウリパックをしていました。

「レモンパック……、はい、やっておられる方もいらっしゃいましたね」

──レモンに含まれるビタミンCが日焼けをしてもシミになるのを防ぐと言ってたのですが……?

私たち研究員の立場からすると、レモンパックやキュウリパックは、正直申し上げてお勧めできないんです……。というのも、たとえば無農薬のキュウリなどは身体にいいですよね。でも、食べたときに身体にいいものがお肌にいいとは限らないんです」

──すると、レモンやキュウリのような野菜、植物はできるだけ避けたほうがいい?

「いえ。むしろ植物には肌に有効な成分がたくさんあります。当社には、紫外線を予防するだけでなく、“雪のような透明感のある肌へ”をコンセプトにした『雪肌精』という商品があるのですが、こちらには“ハトムギ”や“シャクヤク”などの植物成分がふんだんに配合されています。

 ただし、配合するときは肌に有効な成分だけを使うようにして、肌に刺激があるような成分は取り除きます。大事なのは、成分の一つひとつをきちんと調べて、保証されたものだけを使うことなんです

──ハトムギならハトムギ、シャクヤクならシャクヤクに含まれる成分をすべて調べるんですか?

「はい。それはもう徹底的に分析したり、安全性の試験をしたりして調べます。それらの成分は肌にとって良い効果が期待できるのか、逆に悪影響を与えてしまわないものなのかを選別したうえで原料として使用しているんですね。

 漢方のように、植物には古来から健康のために使われてきたものもあります。そうした植物も、きちんと評価できるものであれば、むしろ使わないほうがもったいないくらいなんです」

植物由来の成分も配合されているUVケア商品:雪肌精 クリアウェルネス UV ディフェンス ミルク
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0