0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

アンミカさん、両親のルーツを知るため韓国留学へ「“失望感”を共有したひと回り歳下の仲間とは今も大親友」

SNSでの感想
アンミカさん
目次
  • 舞台ならでは、自分ならではの歌声を求めて模索中
  • 舞台に生かすため、体力づくりと食生活にも気を使う
  • 30歳目前にして韓国留学、新たな学びと一生の友を得る
  • 初舞台だからといって甘えは厳禁。「50歳、行くぞっ!」

 モデル業のほか、テレビ・ラジオ出演、化粧品プロデュース、エッセイの執筆など、あらゆる方面で活躍を続けるアンミカさん。2022年9月から17年ぶりに上演される『シンデレラストーリー』では舞台に初挑戦し、シンデレラを幸せへと導く魔女役を務めます。初舞台にかける意気込みや、今もアンミカさんを応援してくれる大切な仲間と出会った韓国留学での思い出を、じっくりお聞きしました。

(※アンミカさんが初ミュージカルへのオファーを受けたときに心境や、コンプレックスを克服してモデルという夢に向かってまい進した学生時代については、インタビュー第1弾で語っていただいています。記事→50歳でミュージカル初挑戦のアンミカさん、舞台を見たがった亡き母の“忘れられない言葉”と思春期の悲喜こもごも

◇   ◇   ◇

舞台ならでは、自分ならではの歌声を求めて模索中

 ミュージカルの舞台は以前からよく観に行っていましたが、中でも劇団四季が好きで、『オペラ座の怪人』『ウィキッド』は何度も観劇、そのたびに感動を新たにしています。

 ミュージカルが好きすぎて、これまでは「興味はあるけれど、自分が舞台に出るなんておこがましい」と憧れるだけの世界でした。2019年に上演された『レ・ミゼラブル』にお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司さんが出演されたときには、「違う畑の方があんな世界的なミュージカルで活躍してらっしゃるんだから、自分にもいつかチャンスがくるといいな」と、うらやましく思っていました。テレビ番組では、歌って踊って絵を描いて、クイズなども経験させてもらっていたものの、「まだ自分の知らない分野で何かできることが出てくるかも」と、新たな挑戦の機会が訪れることに期待していました。

 幼稚園のときから聖歌隊に入り、土日は毎週、教会で歌い、大人になってからはゴスペルのグループでコンサートやライブのバックコーラスに参加していたので、歌は大好きだったのですが、今回のようなミュージカルは、まず声の出し方がまったく違います。台本の読み合わせのときに、周りのプロの声の演技に圧倒されてしまいました。リハーサルでは、台詞(せりふ)ではいい声を出せても、歌になると、急に魔女風に作り込んでしまう。「台詞から自然な流れで歌に入れるように訓練しないと」と指摘されました。これまで歌ってきた50年分の癖(くせ)を、一気に抜かなければなりません。

 しかも、前回('03年、'05年)の公演で同じ役(魔法使い)を演じたデーモン閣下の歌を聴きすぎて、自信をなくしてしまったり……。デーモン閣下の迫力を出そうとしても、ヘヴィメタルのロック調となると、さすがに私には無理です。でも、意識しすぎていたのをやめたとたん、やっと喉が開いてきました。今後も私の中にある、デーモンさんが演じた魔法使い像をいったん全部抜いて、私ならではの役を作り込んでいかなければ、と模索中です。今回は、シンデレラを優しく包み込むような、温かい大人の魔法使いを演じたいと思います。

舞台に生かすため、体力づくりと食生活にも気を使う

 ミュージカルには体力も必要なので、ちょっとした時間に身体を鍛えることも忘れません。幼いころ、ぽっちゃりしていたので、50歳にもなると代謝的にすぐ戻るんです。ぜい肉が付きだすのがわかるので、やめていたヒールをはくようにして、階段につま先を半分だけ乗せ、上げて伸ばして下ろして、という動作を毎日100回くらい繰り返しています。気がついたときにやるだけで、足のむくみがなくなるのでオススメです。家では縄跳び、腹筋などマメに運動して、若いときに作った筋肉も呼び起こしていきます。

 食生活にも、もちろん気を使っています。夫からは、「仕事をしている君の姿が好きなので、家でご飯を作って待っている妻は望んでいない」と言われていますが、夕食は私が作っています。と言っても、お互い忙しいので、家で一緒に食べるのは週2回くらい。

 野菜たっぷりで具だくさんの味噌汁納豆を入れたり、家で育てているハーブを入れてオリーブオイルとレモンを添えたサラダに、身体の脂肪をいちばん落としてくれる旬の魚を薄く切って散らしたり、蒸した鶏肉発酵食品漢方を摂り入れたりと、ジュニアベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)、漢方養成指導士の資格を勉強して得た情報も、日常生活にフルに生かしています。

'22年春、ふたりで千葉県の『妙福寺』へ。大藤棚とおそろいのコーデがとても映える! 写真=本人提供
ゴルフツアーに参加時の夫妻。毎回ファッションがとてもおしゃれ!

 両親が韓国出身なので、もともと韓国料理で育っていて、食卓に並ぶのは整腸作用のある発酵食品や、脂肪を燃焼させるカプサイシンの効果が抜群の唐辛子、お肉を包んで食べる大量の野菜などがメインでしたから、食生活は生まれたときからヘルシーでした。父がカレーでもシチューでも、なんにでもキムチをどぼどぼ入れてしまうほど、韓国料理オンリーでしたから。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0