0930
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

NEOFIFTY -新50代の生き方-

岸谷香さん「家族は一番大事な存在」50代になって感じる妻として、母としての変化

SNSでの感想
岸谷香さん 撮影/高梨俊浩
目次
  • いつも嬉しいことを探している
  • 夫婦の関係は「宇宙船の乗組員」みたい
  • 「人と違うことを」無意識でしていた教育法
  • やりたいことは我慢せずやるべし!

 ’96年の「プリンセス プリンセス」解散後は、結婚、出産を経て、約13年間育児を中心とする生活をしていた岸谷香さん。2014年からソロの活動を本格的にスタートし、今日まで主婦と音楽を両立させながら、アーティストとして活動の幅を広げている。50代になってもカッコいいライブで観客を魅了し続ける香さんの輝きのヒミツに迫るロングインタビューをお届けします。何事にもポジティブに楽しむ精神で向き合う生き方には、元気になれるヒントがあふれています。

 インタビュー【#1】《岸谷香さん、『プリンセス プリンセス』再結成を経て目覚めた「音楽を楽しむ」喜び》に続き、【#2】では、50代で変化してきた主婦の仕事、家族への思い、今後の人生のテーマと夢……など、ひとりの女性としての人生を中心に、たっぷり語っていただきました。

いつも嬉しいことを探している

──ここからは、奇跡の55歳である岸谷香さんの魅力をより深く探っていきたいと思います。年齢を重ねてからも輝き続けるために、必要なことはどんなことだと思われますか?

輝きっていうのは、自分ではわからないから、それが躍動感とか快活さとかだと考えると、私は、いつも嬉しいことを探していますね。洗濯とかお皿洗いとか……楽しくないことももちろんしますけど、できれば人生嬉しいほうがいいし、楽しいほうがいいし。ちょっとしたことでも、“喜ばないより喜んだほうがハッピーじゃん!”っていう考えが最近すごくあって。

 だから、音楽もリハーサルだったら“ヤッター! 今日はリハの日”くらいに思って行ったほうが、同じことでもきっと楽しいしと思うし。今は音楽が私をいちばん高揚させるものではあるから、そういうものに囲まれていますけど、囲まれるようにセッティングしているは、自分なんだろうなと思うから。大切な友達、飲み会、おしゃべり、好きな服、好きな香りのキャンドルとか……ちっちゃいことも含めて、全部好きなもので人生を固めたら最高だなって。なるべく嫌なことも、好きなことでごまかそうみたいな(笑)。日々、そういうふうに一生懸命やってますね

──ライブでも昔と変わらない姿と声でパフォーマンスされていて、本当にすごいと思ったのですが、若さと美しさを保つためにされていることはあるんですか?

声はよく変わらないと言っていただきますけど、ちゃんと55歳のシワもシミもありますよ(笑)。スタイルを保つためのワークアウトとかは全くしてないです。運動が好きじゃないし、毎日少しずつ努力するのがそもそも苦手なので、ジムに通っても絶対続かないんですよね。

 唯一私が今やっていることがあるとするならば、5年くらい前から、スポーツクラブのプールで泳いでます。水泳を始めた理由は、水そのものと水の中の独得な音が大好きなことが大きいかな。目標は週1だけど、今のところ月1くらいの感じで行ってますね。でも行くと意外と真面目で、多いときは1000m、少なくても500mくらいは泳ぎます。楽器をやっていると、肩や首が凝ったりするんですけど、実はマッサージよりも泳いだほうがよっぽどほぐれるんですよ。だから不調なときほど行きますね」

岸谷香さん 撮影/高梨俊浩

──お子さんも大きくなられて、プライベートでの自分の時間も増えたと思いますが、大切にされているのはどういう時間ですか?

私は文章を書くのが好きなんですね。パソコンが苦手だから、全部手書きなんだけど。今、東京新聞(東京新聞ほっとweb連載 岸谷香の「東京MY STORY」)でエッセイを連載させてもらっているんですけど、それがけっこう楽しくて。“よし! 今日は書くぞ”って原稿を書いた翌日は腕がすっごく痛くなるくらい。しゃべっているみたいに原稿を書きたいから、気持ちがせいちゃって、どんどん言葉が出てくるので、しゃべっているのと同じくらいのスピードで書くもんだから、消せるボールペンのインクもすぐなくなっちゃって。だからガンガン消せるように1000本買いだめしたんですけど(笑)。それくらいの勢いで書くのが好きで。あと、日にちを変えると文章のリズムが変わってしまうので、それがイヤだから書き始めたらなるべく最後まで書くようにしてます。だからやりだすと半日くらい使っちゃう。ファンクラブの会報の原稿には手書きの文字をそのまま載せてるんですよ(笑)。そのほうが感情や雰囲気も伝わる気がするし、東京新聞の原稿も手書きのまま出してほしいくらい、手書きが好きですね

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 1
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 6
きゅん! 3
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 1
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 6
きゅん! 3