1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

毎回、宝塚歌劇団OGの方にご登場いただき、次の方を指名制によるリレー形式でつないでいくこの連載。
現役時代の秘話や、人生における悲喜こもごも、現在、そして未来への展望などをたっぷり伺い、人気スターの“生の声”をお届けします!

ドラマ・映画・舞台

元宝塚・早霧せいなさん、雪組トップなのに二枚目の役が来なかった !?「今は純粋に女性として芝居がしたい」

SNSでの感想
早霧せいなさん。凛としたたたずまいがカッコいい! 撮影/近藤陽介
目次
  • 真矢みきさんに魅せられ宝塚へ、身長の壁に悩みながら自分なりの男役像を模索
  • 2番手からすぐにトップになれず落胆、お披露目公演をへて対峙した“大きな重圧”
  • 退団後の舞台『るろうに剣心』で、この先自分が本当にやりたいことがわかった
  • 『ハリー・ポッターと呪いの子』は体力勝負、見どころはキャラクターの“4変化”

 宝塚歌劇団OGの輪をつないで、リレー形式で人気スターの現在を紹介する連載「宝塚歌劇団 華麗なるOGリレーサロン」。第2回目は、第1回で登場してくれた和央ようかさんからのご指名で、元雪組トップスターの早霧せいなさんにお話を伺いました!

早霧せいな(さぎり・せいな)

 元宝塚歌劇団雪組トップスター。愛称は「ちぎ」。'01年'に入団後、'06年には和央ようか・花總まりトップコンビ退団公演となる『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』で新人公演初主演。'09年に雪組へと組替えし、主演を重ね、'14年に雪組トップ就任。'98年に創設された宙組出身者から初めてのトップスターとなる。トップ就任後の大劇場主演作は5作連続で客席稼働率100%超えを達成し、宝塚史上初の偉業を成し遂げた。

 '17年に『幕末太陽傳/Dramatic “S”!』千秋楽をもって退団。その後は舞台『るろうに剣心』『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』やドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)、『ドラゴン桜』(TBS系)などに出演。現在は舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』でハーマイオニー・グレンジャー役を熱演中。


◇   ◇   ◇ 
〜和央ようかさんから早霧せいなさんへのメッセージ〜

 組配属になったときに、きれいな子が入ってきたな、と思っていたのが、ちぎ(早霧せいなさんの愛称)でした。とても努力家で、私の退団公演『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』の新人公演で、私の役・ジョルジュを演じてくれたんですよね。ちぎの退団公演は、夫のフランク(世界的な作曲家のフランク・ワイルドホーン氏)と一緒に観に行っています。今はロングランの出演舞台『ハリーポッターと呪いの子』で忙しいと思いますが、日々がんばっている姿に、私も励まされています!

真矢みきさんに魅せられ宝塚へ、身長の壁に悩みながら自分なりの男役像を模索

 和央ようかさんとフランク・ワイルドホーンさんご夫妻には、退団公演の千秋楽のときに楽屋に来ていただいて、それはもう大感激でした。宙組は初舞台で出させていただいた組で、そのときのトップが和央さん。私にとっては、雲の上の方でしたから。

 宝塚では初舞台が終わったあとに、どの組に配属されるかが決まるのですが、どうしても初舞台への思い入れが強くなって、そのとき出演した組への配属を希望する人が多いんです。私も宙組に配属されることを願っていましたが、背が高い男役が多い組だったので、167センチの私は身長的に無理だろうな、と諦めていました。でも、結果的に宙組への配属となり、発表を見たときは、うれしくて仕方なかったですね。

 そもそも宝塚を知ったきっかけは、真矢みき(現・真矢ミキ)さんを紹介した記事でした。

 ある雑誌で、真矢さんの舞台写真と素顔の写真が並んで掲載されている記事がふと目に入ったのですが、スーツを羽織ってポーズを決めている舞台写真が、男性でも女性でない、非現実的な姿に感じられて。見たとたん、「カッコいい!」と衝撃を受けました。舞台メイクの真矢さんは、素顔とはまるで別人。どちらの真矢さんもすてきですが、「人はここまで変身することができるんだ」と驚愕しました。

 宝塚歌劇という存在をそこで初めて知るのですが、「女性だけで演じる世界で唯一の劇団」と説明されていて、「え、そんな世界があるんだ!」と、またも衝撃を受けました。当時はまだ、簡単にインターネットで情報を調べることができない時代。具体的にどんな仕事なのか、まるでわからず、舞台を観たこともないまま「この劇団に入りたい」と決心したんです。当時は長崎の中学生で、非日常の世界に憧れるだけの14歳でしたが、やっと将来の夢が持てました。

 そのあと、初めて観に行った宝塚の舞台は、偶然にも真矢みきさんの福岡公演『エデンの東/ダンディズム!』。当時は電話でチケットを取るのですが、つながる前にいつも完売になってしまっていた中で、ようやく取れた貴重なチケットです。上演中はオペラグラスを覗(のぞ)いて、動く真矢さんをずっと追いかけていました。

 そのころ、花組の安寿ミラさんと真矢みきさんの「ヤンみきコンビ」(ヤンは安寿ミラさんの愛称)が人気で、私も2人の織りなす世界観が大好きでした。ヤンさん、みきさんのようなトップ像を目指していたのですが、入団してからは「憧れの男役さんを追いかけるより、自分だからこそ描ける独自の男役像を追い求めていきたい」という気持ちで、まい進していきました。

「自分だからこそできる表現を探していきたいと思ったんです」と早霧さん 撮影/近藤陽介

 宙組への配属になったのはよかったものの、周りは170センチ以上ある背の高い男役ばかり。私の身長では、和央さんのような長身でノーブルな王子役はまわってこず、子役や弟分的な役、市民の役しかやらせてもらえない。新人時代は「早くそこから脱却して、背が低くてもサマになる大人の役をやりたい」と、自分なりの男役像を模索し続けていました。徐々に「正統派で二枚目の王子様系よりも、人間味があって泥くさい役のほうが自分に合っているかな」とわかってきたので、そこを磨こうとがんばっていましたね。

 初めて大人の役を演じられたのが、冒頭でもお話しした、和央さんの退団公演『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』の新人公演(入団7年目までの団員で通常公演と同じ作品を一度だけ上演する、若手育成のための公演)。スペイン内戦に自ら身を投じるカメラマン・ジョルジュ役に抜てきされました。ミュージカル界の大御所、フランク・ワイルドホーンさんが全曲書き下ろしたミュージカルで、新人公演初主演でしたから、これほど光栄でうれしいことはありません一方で、すでに芝居も歌も仕上がっている和央さんが演じた役で、海外ミュージカルの大作。とてつもないプレッシャーもありました。

 なにしろ、フランクさんの難曲ぞろい。歌に対する苦手意識が強かったので、とにかくなんとかしなければ、と焦るばかり。しかもラブストーリーでしたから、大人の男性として、歌で愛を伝えなければなりません。何もかも初めてづくしで、ハードルがとても高かったんです。今までにない経験ができる喜びと、求めるところに全然達していない自分の不甲斐なさへの落胆、その葛藤がすさまじかったですね。

 新人時代にこんな難しい役がまわってくるとは考えもしなかったので、自分史上、いちばん必死になって稽古しました。通常公演もありましたから、新人公演の練習をする時間をどこかで捻出しないと、と思うものの、削るところは睡眠しかないという忙しすぎる毎日でしたねこの公演中は、ほとんど寝ないで舞台に立っていました。また、私の役はみんなを引っ張っていく人物でしたので、吸引力を持って舞台に立たなけばなりません。「未熟な自分にできるだろうか、という不安を乗り越えるには、稽古しかない」と必死でした。

「和央さんのように演じたい」と意気込んでいたものの、新人公演の演出家・小柳奈穂子先生は、私のことを私以上にわかってくれていたんです。私が演じるジョルジュについては、快活な人物像をイメージして、「和央さんがノーブルだったら、あなたはもうちょっとガッツがある役作りはどうか」と提案していただきました。

 最初のうちは「和央さんと違った王子像を演じるのは、彼女のようにできないからという“逃げ”なんじゃないか」と自分の中に抵抗感もあったのですが、稽古をしていくうちに「先生の言葉は、自分を生かすためのアドバイスだったんだ」と理解できるようになり、その方向性が正しいんだと信じて、公演に臨みました。公演では、当時の自分が持つすべてを出し切れたと思います。お芝居の難しさを感じつつ、面白さもわかってきた時期でした。だからこそ、忘れられない作品なんです。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 113
うるうる 15
ほっこり 30
びっくり! 6
なるほど! 101
きゅん! 53
感想をおしえてフム!
にこり 113
うるうる 15
ほっこり 30
びっくり! 6
なるほど! 101
きゅん! 53