1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

吉高由里子、6年ぶりの舞台出演は岩松了の最新作「一言のフレーズから、想像もつかないような物語が進んでいく」

SNSでの感想
吉高由里子 撮影/矢島泰輔
目次
  • 稽古場では余計な発言は控えようと思ってる(笑)
  • 気が強い役より柔らかな人の役がいい
  • 丁寧に花を生けるようになりました

 2024年のNHK大河ドラマ『光る君へ』の主演も控えている、日本を代表する女優のひとり吉高由里子さん。デビュー以来、多くの映像作品でさまざまな役柄を表情豊かに演じ、また自然体でチャーミングなキャラクターで私たちの心をつかんでいる。

 そんな吉高さんが10月7日から岩松了演出の舞台『クランク・イン!』に出演する。6年ぶりの舞台へ挑む心境、女優生活18年目で思うこと、最近の暮らしで大切にしていることなどを、語っていただきました。(※取材は稽古前に行われました)

稽古場では余計な発言は控えようと思ってる(笑)

──2016年の舞台『レディエント・バーミン』以来、6年ぶりの舞台出演になりますが、3作目の舞台として『クランク・イン!』に出演しようと思われた理由は?

「マネージャーさんの方針もあると思います。毎日同じ稽古を繰り返して、台詞とじっくり向き合う時間を経験させたい、と思ってくれているのかなと。私自身も言葉を掘り返す作業を勉強したいと思っています。岩松(了)さんは共演者として、私が10代の頃に出演した映画『転々』や『花子とアン』でご一緒しているので、10代の自分を知っていて、20代の自分を知っていて、そして今回30代の自分を見てもらう。すごく貴重な方だなと感じています

吉高由里子 撮影/矢島泰輔

──演出家・岩松了さんとは初仕事になりますが?

岩松さんの稽古は、すごくハードだとか長いとか大変という噂なので、どういう演出が待っているのか、ちょっと怖い感じもありますね。“今なんでそれやったの? どういう意味で? どういう気持ちで?”って、理詰めをされても困るなと思うので、稽古場では余計な発言は控えようと思っています(笑)

──なるほど(笑)。岩松さん演出の舞台はご覧になっていると思いますが、演出家としての魅力はどういうところだと思いますか?

「私は、岩松さんは言葉の人だなと思っていて。その一言のフレーズで、どれだけ風呂敷を広げられるんだろうっていうくらい、想像もつかないような物語が進んでいくというか。岩松さんがそのひとつの言葉の揚げ足をどれだけ取って伸ばせるかっていうのが魅力だなと。人が考えられないような意地悪さを持っている方なんじゃないですかね(笑)」

──そういった岩松作品を演じる役者としての醍醐味はどんなところに感じていらっしゃいますか?

「いろいろな人を見てきている方でしょうし、それをこう表面的なものじゃなくて、その内面的なギャップであったりとか裏表とかも考えながら、人の話や表情を見ている方なのかなと思ったりしていて。

 それで今回、自分はそういう岩松さんに、どういうふうに見られるのか、どういう言葉をかけられるのか、どういうふうに挑発されるのか……。すごく怖いですけど人間に生まれた醍醐味(だいごみ)として、喜怒哀楽とか後ろめたさとかの感情をいろいろ経験する機会になるのかなと感じています

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 9
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 6
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 9
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 6