1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

NEOFIFTY -新50代の生き方-

57歳で女優デビュー、竹原芳子が「すべては自分次第」と言い切れる理由

SNSでの感想
「第一志望の会社に入社してたら、素敵な人と結婚してたかもしれへん(笑)。人生は何が起きるかわからない。すべては自分次第。決めるのは自分やなと思います」 撮影/吉岡竜紀
目次
  • 先のことをあれこれ考えて不安に思っても前には進めない
  • 今は食べたいものを食べたいときに食べてます
  • 年齢を理由にあきらめたくない。59歳で初めてスイスへひとり旅
  • 人生は何が起きるかわからない、すべては自分次第

 映画デビュー作となった2017年公開の『カメラを止めるな!』で、一躍、時の人となった竹原芳子さん。年をとることは不自由なことばかりだと思う人も多いかもしれないが、竹原さんのイキイキとした姿や言葉を聞いているうちに、そんな不安は解消されるに違いない。窮屈な価値観を作っているのは自分自身。

 竹原さんの話を聞いていると、人生をもっと軽やかに生きてもいいんじゃないか? と思わせてくれる。150cmという小柄ながらパワフルな人生をひもといていくと、前向きに生きるヒントがいっぱいだ。

【後編】は、自由に生きる竹原さんが考える“老後”についてや、生きていくうえで大切にしている“ポリシー”などをうかがいました。

(※【前編】『どんぐり改め竹原芳子、1枚1枚コンプレックスがはがれていった「自分探しの旅」』もぜひお読みください)

先のことをあれこれ考えて不安に思っても前には進めない

──現在、スケジュール管理はご自分でされてるそうですが、大変ではないですか?

「そんなことないです。ボケ防止にいいんですよ(笑)。“何時にこの電車に乗って〇〇駅で降りてください”って言われて行くのと、自分で調べて行くのとでは全然違います

──仕事を受けるうえで、ポリシーはありますか?

「スケジュールが合えば、すべて断らないようにしてます。ただ……私、カナヅチなので、水の中に入るお仕事はちょっと……。1回、琵琶湖を走って渡るみたいなお仕事をいただいたんですけど、そのときはお断りさせていただきました(笑)。おもしろそうだからやりたいとかそんな感じです。せっかくこの世界でお仕事させていただいてるので、いろんな経験をしたいなと思っています

──この先の人生を考えて不安に思うことはないですか?

「ないですね。たぶん、深く考えてないからかな(笑)。先を見るっていうよりも今を見てる。今を楽しみたいという考えです。

 若いころは、“手に職をつけなあかんとか、自分は何者や?”っていうことにばかり目がいってたけど、今はこのままでいいと思っています。不安がないって言ったらウソになりますけど、先のことをあれこれ考えて不安に思っても前に進めないですもん

──現在、61歳。こういう役をやってみたいとか、出たい作品はないですか?

「よく聞かれるんですけど、ごめんなさい。それもあまり考えたことないんです。その場その場が一生懸命なんですよね。今の自分は、目の前のことを精いっぱいがんばることで、今まで応援してくれた方たちに恩返しをしたいという気持ちが強いです

「目の前のことを精いっぱいがんばることで、今まで応援してくれた方たちに恩返しをしたいという気持ちが強いです」 撮影/吉岡竜紀
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 1
なるほど! 5
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 1
なるほど! 5
きゅん! 0