0528
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

NEOFIFTY -新50代の生き方-

生瀬勝久、「絶対に妻をみとりたい」夫婦の信頼関係と指針にしている所ジョージの名言

SNSでの感想
生瀬勝久 撮影/佐藤靖彦
目次
  • ゴメズのビジュアルと一致! 運命的なキャスティング
  • 生瀬家の父親としての顔は?
  • 「妻は僕の一番の評論家です」
  • 何でも楽をするような生き方はしちゃいけない

 俳優生活40年。シリアスからコミカルまでさまざまなキャラクターを変幻自在に演じて、数多くのドラマ、映画、舞台に出演する生瀬勝久さん。俳優のみならず、劇作家・演出家としても活躍。また、独特な魅力でバラエティ番組の司会を務めるなど、幅広く活動している。

 1月28日公開のアニメーション映画『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』では、2020年に公開されたシリーズ第1弾に引き続き、日本語吹替版キャストとしてアダムス家の父親・ゴメズを演じている。現在61歳、衰え知らずの生瀬さんに、アダムス・ファミリーの魅力、生瀬家の教育方針、所ジョージさんから学んだ生き方など、飾らない言葉でたっぷり語っていただきました。

ゴメズのビジュアルと一致! 運命的なキャスティング

──パート1でも、キャラクターにぴったりで似ていると大好評でした。もう、ゴメズと生瀬さんが一体化されていますよね?

「前回、吹替えのお話をいただいてビジュアルを見たときに、“え! 俺!?”って、本人が一番びっくりでしたよ(笑)。だから、キャスティングの方は、たぶんビジュアルで選んだんだろうなと思うくらい衝撃でしたし、運命的なものは感じました。もし他の方が声優をやっていたら、“いや、俺がいるだろう!”って嫉妬しているかもしれない」

左端が生瀬さんが演じるゴメズ (c)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

──字幕版も拝見しましたが、生瀬さんの声でしか受け入れられない状態です。

「それ、どんどん書いてください(笑)。向こうの俳優さんの声で字幕版を見る方もたくさんいらっしゃると思いますけども、ぜひその後に、日本語吹替版も見ていただきたい。私の声のゴメズも体験してもらえればありがたいです。2回観たほうがいいですよ(笑)」

──ゴメズ役の声優として、こだわられたのはどんなことですか?

「アフレコ中、英語の俳優さんの声はずっと聞こえているのですが、たぶん尺だけの問題なので、せりふの抑揚とかはあまり意識しなかったです。もう、とにかくアニメーションの動きと、口の動きをシンクロさせるっていうことだけ意識して。あとは気持ちですよね。だから、アフレコしている間は、ずっとゴメズでした。“ああ~~~!”って、テンション上げて。たぶん、僕が声優さんといちばん違うところは、きっとそういうところじゃないかな。テクニックなんかないので、気持ちをどれだけゴメズに近づけるかっていうアプローチの仕方ですね

生瀬勝久 撮影/佐藤靖彦

──キャラクターとしては、ゴメズのどういう部分を大事に演じられたのですか?

「ウザいところ(笑)。自分は親であるとか、基本、ゴメズってきれいごとばかり言ってるんですよ。で、自分は大人だと思っている……。その勘違いですよね。家族大好きで、奥さん大好きなんですけど、だからウザイんですよ(笑)」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0