1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

“ブルース・リー愛”が止まらない……!親子で熱演の完コピ動画が話題──“ヌンチャクガール”こと女優の森累珠が伝えたいこととは

SNSでの感想
お互いに確認せずともポーズがキマるのは、まさに阿吽(あうん)の呼吸! 撮影/北村史成
目次
  • 両親の影響でブルース・リーに魅了され、自主映画を製作
  • “ヌンチャクガール”の原点とパートナーである母の存在
  • 敬愛するリー様から学び、つながっていくその先は

 ブルース・リーをこよなく愛し、“ヌンチャクガール”としての肩書も併せ持つ、女優・森累珠(もりるいす)さん。彼女が運営するYouTubeチャンネル『るいちゅーぶへの道』においては、ブルース・リーの映画作品『死亡遊戯』『ドラゴンへの道』などの再現動画が、「あまりに忠実すぎる……!」とTwitterでバズり、テレビ出演へ。ついには『ドラゴンへの道』チャックノリス戦のYouTube動画が、劇場で上映されるという異例の展開となりました。

 また『るいちゅーぶへの道』の再現動画においては、なんと累珠さんのお母さまである森田ヨーコさんが、敵や大衆などのあらゆる役を演じ、さらには衣装から美術まで担当しているというから驚きです。ときには猫役を演じることまで(!)。

 今回は、そんなおふたりの動画制作へのこだわりや、劇場公開での反響などを、森累珠さん(以下、森さん)と、お母さまの森田ヨーコさん(以下、累ママ)に伺いました。

◇   ◇   ◇
お話を伺った森累珠さん(左)と、森田ヨーコさん(右)撮影/北村史成

両親の影響でブルース・リーに魅了され、自主映画を製作

──森累珠さんが制作された、ブルース・リー作品の完全再現動画が、すごくバズっていますよね。実は、本業は女優として活動されているんですね。

森さん「10歳から子役として活動しているので、今年で14年目になります。お母さんと原宿で買い物しているところをスカウトされたのが、女優を始めたきっかけです。最初は事務所に所属して活動していたのですが、だんだんと自分自身で発信するのが好きだということに気がついて、4年前にフリーランスとして活動するようになりました

──YouTubeチャンネル『るいちゅーぶへの道』もすべてご自身で制作されているんですよね。いつごろからスタートしたんですか?

森さん「昨年(2021年)の3月ですね。なので、まだ始めて1年6か月と間もないです。それが、今では登録者数が2万人を超えてきて……。『燃えよドラゴン』オハラ戦の再現動画は33万回以上も再生されているので、本当にありがたいですね。(ブルース・)リー様の魅力を伝えたい一心で、これまで20本近くの完全再現動画を作ってきました

両親の影響で香港映画にハマったと話す森さん(左)撮影/北村史成

──そこまでして、森さんがブルース・リーにのめり込んだきっかけは何だったのですか?

森さんお父さん、お母さんがすごくブルース・リーが好きで、その影響で私も見るようになったのがきっかけです。『怒りの鉄拳』を初めて見たときは、ラストシーンで大号泣しました。リー様を好きだと話すと、周りからは“アクションが好きなんでしょ?”と言われたりするのですが、リー様ならではの、唯一無二のお芝居が好きなんです! 表情の作りこみとか役の憑依(ひょうい)の仕方に“こんな役者はいない”と思いました。

 また、リー様は『ドラゴンへの道』で監督もされていて、それで自分も映画を撮りたいと思うようになり、高校生のときには自主制作の映画を作りました

──どんな映画を撮られたんですか? 今後どこかで公開する予定はありますか?

森さん「映画の『バトル・ロワイアル』(※1)テイストで、頭から血が噴き出たりとかする、血のり映画です。自分で脚本も考えて、知り合いの役者さんに頼んで出てもらって作りました。いろんな映画コンテストに出品して、たまに審査員からいいコメントをもらったりしましたが、マニアックすぎたと思います。今は、もう恥ずかしくて見られないですね(笑)。

 なので今後も公開の予定はないです。でも、この時に学んだ映像編集は、今の再現動画作りに非常に役立っています。リー様も、俳優兼監督もやっているので、そういう映画への愛もリンクするというか、共感できると思っています

※1:脱出不可能な無人島で、中学生が最後の1人になるまで殺し合いをするという、暴力的描写の要素が強い日本映画。2000年に公開され、ヒット作品となった

累ママさん「血のりは絵の具などを使ったりして、私も少しお手伝いしましたね(笑)」

森さんがリー様に対するエピソードを語るとき、その表情は一段と輝いた 撮影/北村史成

──ブルース・リーが開発した武術「ジークンドー(截拳道)」も学ばれて。

森さん「13歳のときにリー様にハマって、すぐにジークンドーの道場に通いました。ヌンチャクも、稽古の後に練習生同士で教え合い、そこで基礎を1年半程度学びました。その後の習得はどちらかというと独学で、ひたすら自宅でトレーニングをして学んでいきました」

累ママさんヌンチャクを初めて手にしたとき、すぐそばで見ていたのですが、あっという間にできるようになって驚きました。私も昔、香港映画にハマっていたころにちょっとやってみたのですが、全然できなくて諦めましたから(笑)」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 2
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 2