0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

“初めて”の中田青渚。女優デビューから7年「できなかった自分を乗り越えていく」

SNSでの感想
中田青渚 撮影/廣瀬靖士
目次
  • 素直さに行動力が伴っている女の子
  • 終わってから “ごめんね”って(笑)
  • ぜんぶ受けてもらえる安心感

 なかた・せいな、と読む。

 2021年に公開された映画『街の上で』で鮮烈な印象を残した中田青渚が、一気に連続ドラマの主役に躍り出る。枠はNHKのBS時代劇。直木賞作家・西條奈加の作品が初めて映像化されるもので、タイトルは『善人長屋』。

 今後さらなる活躍が期待される22歳にインタビュー。 

素直さに行動力が伴っている女の子

──初主演おめでとうございます。しかも時代劇!

私もびっくりしました。とにかく初めてのことだらけで。最初にマネージャーさんから、こういうお話があります、みたいに紙(企画書)を見せられたんですけど、え!? え!? という感じで、うれしさよりも驚きが大きかったです。本当にびっくりしました。

 主演は初めてですし、時代劇というとなんとなく奥ゆかしい、静かなイメージがあったので、“私で大丈夫かな”と不安だったんですけど、台本を読んで少し安心しました(笑)。いい意味でドタバタしているというか、テンポがあるんです

 演じるヒロイン・お縫(ぬい)は、長屋に住む江戸の町娘。持ち前の勘の鋭さと正義感で毎回、人助けと事件の解決に乗り出していく。

「素直さに行動力が伴っている女の子で、しかも共感性がすごく高いんです。長屋にはいろんな事情をかかえた人がやってくるんですけど、お縫は困っている人に対して自分のことのように共感して、そして助けてあげたいという思いになる。

 そこから実行にうつす行動力もあって、私よりもしっかりしている子だなぁと思いました(笑)

──お縫には人の善悪を見抜く不思議な力があるんですよね。

「そうです。人を見て善い人か悪い人か、一瞬でわかる、みたいな力があります。それが人助けの役に立ったり。善人長屋の住人と力を合わせて、事件を解決していきます」

 実は住人たちは“善人”どころか裏稼業をもつ小悪党ばかりなのだが、詐欺師、掏摸(すり)、美人局(つつもたせ)といった凄腕(すごうで)を生かして人助けに奔走することに。それを引っ張っていくのが、お縫の正義感と明るさのよう。

中田青渚 撮影/廣瀬靖士

──主演のプレッシャーはありましたか?

ありました。共演する方を見ていただいたらわかると思うんですけど。吉田鋼太郎さん、高島礼子さん、溝端淳平さん……え、え、えー!? ですよ(笑)。

 長屋の住人も先輩方ばかり。溝端さん以外ほぼお会いしたことがなくって、みなさん “初めまして”だったので、すごく緊張してしまいました。最初はちょっと怖かったくらいです

──長屋を取り仕切る“差配”でお縫の父・儀右衛門を演じるのが吉田鋼太郎さん。とっても楽しい方のように見えますが。

はい、楽しかったです。現場に入ったら楽しかったんですけど、まず吉田鋼太郎さんというお名前だけでドキドキしちゃうというか(笑)。初めてお会いしたときも、吉田さんのほうから話しかけてくださったんですが、私、それに緊張しちゃって。

 自分からコミュニケーションをとりにいかなければいけないところを、たくさん話しかけていただいたので……

──若い主役を盛り立ようというお気持ちですよね。

「明るい方ばかりで、そこに助けられた部分は大きいです。クランクインは3月末だったんですが、撮影の前に本読みやリハーサルの時間もありましたし、所作の先生についてお稽古もできました。

 自分ひとりで役を作っていくというよりも、監督や共演者のみなさんとすり合わせて。本当にたくさん助けていただきました

中田青渚 撮影/廣瀬靖士

──撮影で大変だったことは?

「お父さんのことを “お父っつぁん”って呼んだり、セリフの言い回しが現代ものとはぜんぜん違うので、最初のほうは言いづらかったです。口になじむまで何回も声に出して読んでいたら、だんだん慣れましたけど。

 イントネーションの違いだったり聞き慣れない言葉も多くて。(盗品と知りながら売買する)“系図買い屋”とか “贋作(がんさく)作り”とか。もともと知らなかった言葉がけっこう出てくるので、そこは苦労しました」

──完成した作品を見ていかがですか?

「テンポよく見られますし、登場人物ひとりひとりキャラクターが立っていて、群像劇みたいな面白さがあります。

 善人と悪人の境目とは? みたいな、すごく考えさせられる部分もあって。悪いことをしている人が本当に悪い人なのか、そういう奥深さというか。自分で見ていて “本当に面白いドラマだな”と思いました

──毎回、さまざまな事件が起こります。

ゲストの方もすごい豪華で。台本をもらうたびにお名前が書かれていて、今回はこの方がいらっしゃるんだって。ドキドキしながら……。

 1話ごとにだいぶ雰囲気も違うので、それも楽しんでいただけるかと思います。ぜひ8話まで見てください

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1