0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

ユースケ・サンタマリア「自己肯定感がものすごく低い」51歳のいま考える「おとこ」としての理想の生き方とは

SNSでの感想
ユースケ・サンタマリアさん。インタビュー中はジョークを連発し、サービス精神満点で取材陣を迎えてくれた 撮影/渡邉智裕
目次
  • ミュージカルで歌声を披露! でも実際は歌というより……!?
  • 歳をとって少しずつ見えてきた、人生の「幸せ」
  • 50代のリアルなおとこを演じるために、あえて「しないこと」
  • やっと見つけた、大切にしたい“おとことしての信条”

 2023年3月から上演されるミュージカル『おとこたち』で、主人公・山田を演じるユースケ・サンタマリアさん(51)。数々の映画やドラマでの名演技は評価されて久しいが、彼の歌声を知る人は、さほど多くないかもしれない。

ミュージカルで歌声を披露! でも実際は歌というより……!?

『おとこたち』は、劇団『ハイバイ』を主宰する岩井秀人氏の脚本・演出による作品。2014年にハイバイが初演した際は、テレビ番組でも取り上げられるほどの話題を呼んだ。

 その『おとこたち』が今回、ミュージシャンの前野健太氏と岩井氏のタッグにより、初のミュージカル化。4人の登場人物・“おとこたち”の22歳から85歳までの壮絶な人生を、ユースケさんをはじめとする豪華キャストが音楽とともに表現していく。

 ユースケ・サンタマリアが歌を歌う──意外にも思えるこの組み合わせに、注目が集まっている。歌声を披露するにあたっての心境を、ユースケさんはこう語ってくれた。

「歌に関しては今回、バリバリ本職の共演者さんもいるので、じゃあ俺に何が求められてるんだ? って考えたら、歌の上手さとかそういうことじゃないと思っています。自分が歌が得意だとは決して思わないけど、人とは違うものがあるなとは思うので、俺にしか歌えない歌をやるしかないですね。

 とは言っても、俺のパート、ほぼラップなんですよ(笑)。岩井くん(岩井秀人氏)がこのミュージカルの話をくれたときからラップラップ言うから、ちょっと節々でラップみたいなものが入るのかと思ったら、ほとんどがラップ。“いや俺にも歌わせてくれよ!”って岩井くんに言ったくらいです

「岩井くんに”なんか歌い上げるところとかないの?”って聞いたら”1回あります”って。えっ1回だけ!?(笑)」 撮影/渡邉智裕
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3