1210
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

珠城りょう主演舞台「マヌエラ」のモデルは出自を隠し上海を魅了した美貌の日本人ダンサー。その数奇すぎるドラマチックな生涯

SNSでの感想
舞台『マヌエラ』の主人公・永末妙子を演じる珠城りょうさん
目次
  • SKDに入団、最初の芸名は「水の江たき子」
  • 恋多き20代、大連から上海へ
  • 日本のマタ・ハリ? 2つの国からかけられたスパイ容疑
  • 小説に、舞台に。数奇な人生が平和な時代に脚光を

 2023年1月28日・29日に大阪、31日に福岡で舞台『マヌエラ』が上演される(東京公演は1月15日〜23日で終了)。主演は元宝塚歌劇団月組トップスターの珠城りょうさん。戦時中の上海で日本人という出自を隠し、ダンサー「マヌエラ」として活躍した実在の女性、和田妙子の生涯をモデルにした物語だ。 
 舞台上と同じくらい、実在のマヌエラも波乱の生涯を送った。戦前そして戦中、戦後復興という混沌とした時代を生き抜いた女性の実像とは──。

SKDに入団、最初の芸名は「水の江たき子」

実在の「マヌエラ」こと和田妙子 写真/小針侑起さん所蔵

 舞台『マヌエラ』の主人公・永末妙子はレビュー劇団のSKD(松竹歌劇団)で将来を期待されたスターだったが上海に駆け落ち。日本人であることを隠し、国籍不明のダンサーとして上海の租界(※)でスターになる。

※アヘン戦争後の不平等条約によって、中国の各都市に作られた欧米諸国や日本などの外国人居留地。

 マヌエラの周囲には、国籍を問わず男たちが集まる。海軍中尉の和田忠七(渡辺大さん)、振付師のパスコラ(パックンさん)、上海マフィアのボスの杜月笙(岡田亮輔さん)、ダンサーのチェン(宮崎秋人さん)、怪しい貿易商の村岡(宮川浩さん)。太平洋戦争前夜、退廃的な魅力を放つ上海でうごめく人間ドラマが繰り広げられていく。

 史実の「マヌエラ」こと和田妙子の前半生もおおむね舞台で描かれたものに近いが、より数奇かつたくましい。

 1911年12月21日、当時日本領の朝鮮・鎮海浦で山田妙子として生まれる。自伝で始終「お転婆だった」と回顧する彼女は’28年に東京松竹楽劇部──のちの松竹歌劇団第1期生として入団。妙子とダンスの本格的な出合いになった。

 著書『上海ラプソディー -伝説の舞姫マヌエラ自伝-』などによると、入団時に最初にもらった芸名は「水の江たき子」。しかし、この芸名がしっくりこないので同期の「東路道代」なる芸名の団員と交換し「東路道代」として松竹の舞台に立つ。一方、芸名を交換した団員こそが、SKDの大スターにして男装の麗人、ターキーこと若き日の水の江瀧子だった。このことは水の江瀧子のほうでも自伝『ひまわり婆っちゃま』で触れている。 

 後に東京きってのレビュー劇団に成長するSKDの1期生になったはずが、草創期のSKDはあくまで大阪の松竹楽劇部(こちらは解散、再結成を経て現・OSK日本歌劇団となる)の脇役扱い。東路道代には大きな役もつかない中、ダンス講師の永井三郎(本名:永末柳二)と親密な関係になり、わずか1年で退団。退団後すぐに永末と結婚し、17歳で妻になった

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 7
きゅん! 1
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 7
きゅん! 1