0618
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

天童よしみ×クリス・ハートが映画『湯道』で“お風呂デュエット”を披露! 銭湯も演歌も、元気と温かさを与える日本文化

SNSでの感想
左からクリス・ハートさん、天童よしみさん。「湯」と「歌」は似ている? 異色の激レア対談をお見逃しなく! 撮影/junko、ヘアメイク/市岡利之(天童よしみ)、井原結衣(クリス・ハート)
目次
  • お湯の力ってすごい
  • 本物さながらのセットやリアルさで自然と役に入った
  • お互いの顔が見えなかったからこそ生まれた“お風呂デュエット”のハーモニー
  • クリスさんにいつか歌ってほしい天童さんの1曲とは?

『おくりびと』などの脚本家で放送作家の小山薫堂さんが、自身の提唱する「湯道」をもとにオリジナル脚本を手がけた映画『湯道』が2月23日から公開されます。銭湯「まるきん温泉」をめぐって反発し合う兄弟役を生田斗真さん(兄・史朗)と濱田岳さん(弟・悟朗)が、事情を抱えつつ明るく銭湯で働くいづみを橋本環奈さんが演じ、お風呂を通じて交差するさまざまな人間模様を描いています。本作で初共演し、“お風呂デュエット”も披露した天童よしみさんとクリス・ハートさんに、作品についてなどのほか、ご自身が道を究めるために心がけていることなど、いろいろなお話を伺いました。

お湯の力ってすごい

──おふたりとも映画出演は本作が初めてだったそうですが、撮影はいかがでしたか?

天童 私は「まるきん温泉」の常連客・小林良子役を演じたのですが、鈴木監督から「よしみちゃんらしく天真爛漫に、元気や温かさを観ている人に届けてほしい」というアドバイスをいただき、自分らしい、ピッタリの役をいただいたと感謝しております。何もかもが初めての経験だったので緊張感たっぷりで撮影に入ったんですけれど、湯船につかったら不思議とその緊張がスッとなくなったんです。足の先からじわっと温かくなって、血流もよくなると集中できるんですね。「お湯の力ってすごいな」と感動しました。

天童よしみさん 撮影/junko

──クリスさんは受刑者という役どころでしたが、演技自体が初めてだったとか。

クリス そうなんです。なので、竜太になりきるためにも、撮影の始まる数か月前から演技や芝居のことを勉強したり、お風呂のシーンは自分の家のお風呂でも練習したりしましたね。僕は昔、警察官の仕事をしていたことがあるので、ちょっと違う目線からも竜太のいろいろな面を想像しました。あとはちょっと身体を絞ろうと思って、30キロぐらい体重を落としました。

天童 それは素晴らしい!

クリス ダイエット中に食べるものはほぼお粥とみそ汁だけで、運動も1日2回ジムに通いました。家に戻ってからお風呂のシーンの練習もやりました。 毎日、役のことを考えていると徐々に竜太の気持ちに近づけていけたかなと思っています。

本物さながらのセットやリアルさで自然と役に入った

──今作の舞台の中心となる史朗と悟朗の銭湯「まるきん温泉」のセットが本物さながらで、観ているこちらも銭湯に行って湯船につかっているような気分になりました。

天童 私も小さいころ銭湯に行っていたのですが、「まるきん温泉」の造りが素晴らしくて、本物と変わらなかったですね。脱衣所をふと見渡すと懐かしいものが置かれていて、涙が出そうでした。例えば体重計。今はコンパクトなものが多いと思いますが、昔は荷物を量るような大きい体重計だったんですよ。あとは瓶の牛乳も懐かしかったなぁ。そういえばクリスさんは撮影中、何本もコーヒー牛乳を飲んでいらっしゃいましたね。

クリス そうなんです。全部で10本ぐらい飲んだんですけど、甘さも本物のままで(笑)。僕が演じる竜太は、出所したら子どものころに飲んだコーヒー牛乳を飲むことを夢見ていたので、そういうところのリアルさに助けられましたね。天童さんもおっしゃっていましたが、「まるきん温泉」のセットが完璧で本物みたいな感じだったので、演技をするというよりも自然と竜太として生きていた感覚でした。

クリス・ハートさん 撮影/junko

──クリスさんは竜太をどんな人と捉えましたか。

クリス 映画で描かれるよりも前の彼のストーリーを、自分でちょっと勝手に作ってみたんです。竜太はどういう人なのか、ちょっと悪いことをしてしまったけど、そこにはどんな気持ちがあるかと考えたときに、彼の中に愛と優しさがあると感じたんです。そういうところも伝えたいなと思い、役を演じていました。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy