0416
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【舞いあがれ! ここが気になる#2】脚本家・桑原亮子さんは歌会始の入選作家。俵万智さんも絶賛の短歌から伝わる「静かな熱」

SNSでの感想
『舞いあがれ!』ファンであることを公言している俵万智さん(左)と歌人・梅津貴司役を演じる赤楚衛二

『舞いあがれ!』で大好きなのが、古書店デラシネだ。ヒロイン・舞(福原遥)が小学生のころの店主は八木のおっちゃん(又吉直樹)だったが、今は歌人で舞の夫・貴司(赤楚衛二)が引き継いでいる。

 しょっちゅうやって来るのが陽菜(徳網まゆ)と大樹(中須翔真)。2月27日からの第21週で中学1年生になった。制服がまだ似合わない大樹に比べて、陽菜はすっかり孫ギャルの風格だった。孫ギャルは死語かもしれないが、とにかく板についている。

 この差が単に成長曲線の差ではないことは、20週でなんとなくわかった。短歌が教えてくれたのだ

 6年生だった陽奈と大樹に短歌を作る宿題が出た。書いてと頼まれた貴司は、自分で作るのが短歌だよ、最近あった面白いこと教えて、と2人に言う。陽奈が、「おとつい朝起きたらな、ママが仕事から帰ってきたとこやってん」と話しだした。朝まで働くママの話を、陽菜はこう続ける。「給食のお金、ちょうだいって言ったら、無理、スカンピンや、て」。スカンピンとは全然お金がないことだと母が言ったそうで、「ちょー悲惨なのに、なんかちょっとおもろかった」と陽菜。「スカンピンって言葉がな、なんかわろけた」、と。完成した短歌はこうだった。

 《いやなこと ふきとばすよな 言葉やな すかんぴんママ 大丈夫やで》

 陽菜ちゃん、なんて優しくて、たくましい小学生なんだ。大樹が書いた《すべり台 すべっただけで あながあく スボン弱すぎちゃうんか お前》も可愛い短歌だが、自分と母を客観的に見つめる陽菜のそれは、もはや大人の視線だろう。

 実際の陽菜は中学生になったばかりで、なんとか学校でうまくやっていこうとして大樹に「キモい」と言ってしまう。大樹の絵を見た友達がそう言い、合わせてしまうのだ。その話を貴司にした陽菜は、別な日に私服で「大ちゃん、おる?」とデラシネに来る。ミニスカートに膝上ハイソックスの陽菜が、本当は「キモい」なんて思ってないと話す。大樹はチェックのシャツで黙々と絵を描いている。脚の長いおしゃれな陽菜、小柄で内気そうな大樹。何かの弾みで簡単に道が分かれてしまいそうな2人が、ずっと仲よくいてほしいと願わずにはいられない。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 7
うるうる 1
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 7
うるうる 1
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3