0525
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

“共感を呼ぶ”と話題の、ミーハーネタ満載のコラムは、考察にも定評があるとたびたびトレンドに。そんなコラムを書くのは、恋愛ドラマとエンタメが大好きなライター・菜本かなさん。これを読めば、今期ドラマのトレンドがバッチリわかる。おしゃまなコラムをお送りします!

ドラマ・映画・舞台

『星降る夜に』から見る、パブリックイメージを覆す?! 巻き込まれ型キャラの「B面」を引き出す“大石静”作品の魅力

SNSでの感想
(左から順に)北村匠海、柄本佑、ムロツヨシ
目次
  • いつの間にか恋に落ちていた……? 大石静作品の魅力とは
  • 大石静の魔法にかけられた男性キャラは、ほかにも
  • ムロツヨシのB面さえ引き出す、恐るべし大石作品

いつの間にか恋に落ちていた……? 大石静作品の魅力とは

 最初はなんとも思っていなかったのに、気づいたら恋に落ちている。脚本家・大石静さんが生み出す男性キャラには、不思議な“魔法”がかかっているんですよね。ハマり役を与えるというよりは、役者の新たな一面を引き出す感じ。

 現在放送中のドラマ『星降る夜に』(テレビ朝日系)でも、北村匠海さん(演じる柊一星)のヤンチャっぷりに、驚いた人もいるのではないでしょうか。ほら、北村匠海さんってめちゃくちゃ硬派なイメージがありません?

 私の中で印象的なのが、バラエティ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演されていたときのこと。かなり神妙な面持ちで、「過去に一度だけ、母親にひどいことを言ってしまって……」なんて切り出すものだから、“何を言ってしまったの!?” と、ハラハラしながら見ていたら!

 なんと、「“あんた”と言ってしまったんです」と言い出して! スタジオMCからも、「それだけで!?」とツッコミの嵐。私はこのときに確信しました。“北村匠海さんは、とにかくええ子なんや……”と。

 心優しいからこそ、巻き込まれ型のキャラクターがハマるんですよね。『君の膵臓をたべたい』(2017年)で、自由奔放なヒロインに振り回されていても、“この子なら、(そんな主人公にも)ついて行ってあげそう”と納得できたし、『東京リベンジャーズ』(2021年)の主人公・花垣武道役もすごくしっくりきていた。

 私がもし、「北村匠海さん主演のラブストーリーを考えてください」と言われたら、絶対に強気なヒロインと、心優しい北村匠海さんキャストの物語を提案していると思います。実際に、そういう役柄も多いですよね。

 でも、大石静さんはやっぱりすごい。パブリックイメージとは真逆の巻き込み型の役柄を与えて、彼の新たな魅力を引き出したのです。ヒロインをギッとにらみつけて、「おまえのゲロ全部片づけた。バーカ!」なんて、今までの北村匠海さんじゃ考えられない……!

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy