0416
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
BOOK

50歳で『一旦、退社。』したフリーアナウンサーの堀井美香「そうか、私も沖に出ていいんだ」ロールモデルになった元TBS女性プロデューサーの背中

SNSでの感想
堀井美香さん 撮影/松嶋愛
目次
  • 沖へ出たけど、またふと岸に戻るかもしれない
  • ドイヒーな生活を丁寧に綴るのは、音読して心地よいリズムだから

 2022年3月、50歳でTBSを退社したアナウンサーの堀井美香さんが、初エッセイ集『一旦、退社。 50歳からの独立日記』(大和書房)を刊行した。ジェーン・スーさんとの掛け合いが楽しい人気ポッドキャスト『OVER THE SUN』でパーソナリティーを務めるほか、これまで取り組んできたナレーションや司会に加えて、朗読会や絵本の読み聞かせイベントといった新しい仕事に踏み出す毎日。フリーランスとして見本や模範がない大海の「沖に出た」現在進行形の想いに、前・後編で耳を傾けた。

沖へ出たけど、またふと岸に戻るかもしれない

──巻末の対談で、ジェーン・スーさんが「堀井さんの独立はいくつかある選択肢のうちのひとつだった」とおっしゃっていました。他にどんな選択肢があったのですか?

 現場から離れてマネジメントに徹する選択肢がありました。50歳というキリのいい数字を前に、その道に進むかどうか……というタイミングで、すでにTBSを退社された先輩女性の顔が思い浮かびまして。昼の帯番組でずっとプロデューサーをやっていて、当時「TBS初の女性役員になるのでは」と言われるくらい期待されていた方だったんです。

 在職中、その先輩から「小児がんの子どもを相手に朗読会のボランティアをやるから来てくれない?」と誘われました。音楽をやっているママ友と一緒に訪ねたら、その先輩がママ友の音楽にいたく感動されていて。で、「美香ちゃん私ね、子どもを癒す音楽療法の勉強がしたい」と言って、TBSを辞めて音大に入学したんですよ!

──大胆なキャリア変更ですね。

 次代を担うトップランナーみたいな方だったので、会社の人たちは衝撃だったと思います。退社当時、先輩は50歳前後。その後、無事に音楽を学ぶ女子大生になったお姿を拝見して「働く女性は、50歳を前に何か感じるところがあるんだな」という思いが刻まれました。

堀井美香さん 撮影/松嶋愛

──ただエッセイでもポッドキャストでも、堀井さんは「型にはまり、枠でくくられた方が生きやすかった」とおっしゃっていますよね。会社員に向いている考え方だと思いました。

《結局私は“型にはまる”ことが、ただただラクだったのだ。

「アナウンサー」である自分。

「母」である自分。

 何かの枠でくくられた方が生きやすかった。

「こうあるべき」という定義がわからず、自由の中に放たれた大学時代は毎日目が回るようだったし、居心地が悪くて混乱していた。

 だからアナウンサーや母になって、自分が想像し得るテンプレの通りに生きられることに心底ほっとした。

 早々に模範演技を見つけて、それを真似ることは苦ではなかったし、用意された枠の中は居心地がよかった。そこに安住もしてきた。》

(『一旦、退社。 50歳からの独立日記』より)

 ええ。私は一生会社にいて、勤務表通りに働く人間なんだろうな、と考えていました。でも先輩が軌道変更して、ユニークなキャリアの階段を駆け上がって活き活きしている姿を見たら「あれ、私にも辞める道があるかも!」と選択肢が目の前に広がったような気がしたんです。本当にふとしたことがきっかけで思いついた「退社」でした。

堀井美香さん 撮影/松嶋愛

──エッセイの表現をお借りするなら、まさに「ゆくりなく退社」だったんですね。一方で書籍タイトルの頭に「一旦」とあると、「もう一度、TBSに戻られるのかな」と感じるのですが。

 いろんな方から「どういうこと?」ってよく聞かれます(笑)。正直「100%ない」とは言えないですよね。TBS以外の企業に会社員として勤める選択肢だってあります。でもタイトルは「一度落ち着こう」とか「いったんストップして周りの景色を見てみよう」とか、次に進むための小休止って意味合いが強いですね。沖に出たけど、助けを求めて「岸に戻る」可能性だってあるかもしれませんし(笑)。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0