0630
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】第10回の準優勝者が、NYでの決勝前夜に司会の福留功アナと話したこと

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 決勝前夜、スタッフから驚きの言葉が
  • 放送を見て、はじめてわかった訪問の狙い

 かつての大人気番組、『アメリカ横断ウルトラクイズ』(以下、ウルトラクイズ)。その第10回で決勝まで行かせていただいた私の体験から、これまでに4回、ウルトラクイズ裏話をお伝えしてきました。

●第1弾:伝説のクイズ番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」、罰ゲームの謎

●第2弾:「会場付近で3時間待機」「本番前はずっと目隠し」、『アメリカ横断ウルトラクイズ』準優勝者が明かす収録の“謎”

●第3弾:伝説の番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』に台本はあったのか!? 準優勝者が語る“撮影秘話”

●第4弾:『アメリカ横断ウルトラクイズ』準優勝者、ニューヨークのホテルで起きた“事件”を激白!

 今回は、その第5弾。第10回アメリカ横断ウルトラクイズの決勝戦前夜、ホテルの私の部屋に番組司会の“留(とめ)さん”こと、福留功(ふくとめのりお)アナウンサー(当時)がひとりでやってきて……という話。

決勝前夜、スタッフから驚きの言葉が

 私が参加させていただいたウルトラクイズは、偶然にも第10回の記念大会でした。

 そのため予算が大幅にアップし、それまで企画アイデアとしてあがっていたものの、予算面からボツになっていた、「旅の途中で挑戦者を北米ルートと南米ルートに分けて、最後に北米チャンピオンと南米チャンピオンがニューヨークで決勝を戦う」という企画が唯一、実現した大会だったのです。

 北米ルートだった私は、準決勝を勝ち抜いたあと「たったひとりでニューヨーク入りした」というお話は、前回いたしました。

 南米ルートのほうが日程を要したため、私はニューヨーク入りした翌日、丸1日フリー。憧れの地だったニューヨークをひとり歩きし、堪能することができたのですから、あとから思えば本当にラッキーだったと思います。

 さて、「明日はいよいよ南米ルートからのチャンピオンとの決勝戦」(相手が誰なのかは、もちろんまったく知らされていませんでした)という晩のこと。

 スタッフが私にこう言ったのです。

「あとで、部屋に福留さんが行くから……」

 えー-っ! です。以前にも触れましたが、番組として「人間ドキュメンタリー」を目指すウルトラクイズは、挑戦者とスタッフのなれ合い感が画面に出てしまうことをさけるため、互いの距離を置くことを徹底していました。

 それは司会者である福留さんもしかりで、ほぼ1か月にわたる旅のあいだ、福留さんと一緒に食事をしたのは、本土に進むメンバーが決まったタイミングなど、数えるほど。

 あとから思えばたぶん、その食事会も福留さんが今後、司会を進めるうえで“チャレンジャーたちの個性を把握する”という狙いがあってのことだったのだと思います。

 もちろん、バスで移動中に、荒野の道路沿いにポツンと1軒だけあるファストフード店で挑戦者とスタッフ全員が食事をすることなどはありましたが、そういうときも、挑戦者と福留さんを含むスタッフたちの席は、わざと離れるようにしていたのです。

 それなのに、なんと、ホテルの私の部屋に留さんがひとりでやってくると……。

「何? 何? もしかして、明日の決勝の相手をナイショで教えてくれるのでは?」……とは思いませんでしたが、まあ、ドキドキしながら、部屋で待っていました。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 2
なるほど! 13
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 2
なるほど! 13
きゅん! 0