0525
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
芸能

戸川純、『好き好き大好き』が再評価される現在の思い。80年代の過激なライブ現場やファッションについても語る

SNSでの感想
戸川純さん 撮影/Hiroko Maruyama
目次
  • メロディに合わせて歌詞を書く才能
  • 監督作には田口トモロヲや久本雅美などそうそうたるメンバーが出演
  • 普段の衣装は借りものではなく自前。NHKではタブーな服を
  • いつかは女優として賞を受賞したい

 1980年代に『玉姫様』『レーダーマン』をはじめとする個性的な楽曲を発表。トンボの羽を背負った衣装などで音楽番組に出演し、話題となった戸川純さん。TOTOウォシュレットのCM(1982~95年)や、『釣りバカ日誌』シリーズ、『ヒットスタジオR&N』(1989〜90年にフジテレビ系で放送された音楽番組)の司会など、女優、作詞家、タレントと幅広い顔を持ちます。近年は『好き好き大好き』という楽曲がTiktokでバズり、再び脚光を浴びています。

『好き好き大好き』 (Official Music Video)

 インタビュー後編では、独特な世界観を持つ楽曲づくりや、ファッションについてもお聞きしました。

メロディに合わせて歌詞を書く才能

──戸川さんの歌詞は、どの曲もすんなりと耳に入ってきますね。

「譜割り(※)だけはね、唯一、わたし天才じゃない? と思えるんですよ(笑)。他のことには卑屈なほどなのに」

※音符の一音一音に対して、歌詞をどういう配分で置いていくかを考えること。

──最近では、戸川さんの楽曲の『好き好き大好き』がTikTokで多数使われています。時代を超えて支持されることをどう感じていますか?

素直に嬉しい気持ちがある反面、イマイチ実感がわかないんですよ。どうしてだろう? とか。もうねぇ、自己肯定感をね、高く持ちたいんですけれど。だけど今のファンの方はちゃんと歌を聴いてくれているんだなって思えるんです。昔は、ライブで歌う中でもギャーっていう歓声が大きくて、歌は聞こえてるのかなって思っていたから(笑)

──80年代や90年代のヤプーズのライブはどのような感じだったのですか?

お客同士がケンカしていることもありましたね。あとは終演後のフロアに、嘔吐物が残っていたり……。前のほうがギュウギュウになるせいらしいんですよ(笑)。ある女子大でライブをした後が、いちばん多かったですね。ステージに上がってきちゃうお客も結構いて、マイクのスタンドで突き落とすので精一杯でしたよ。そういうのを経験しているから、今の若い人たちが歌を聴いてくれるのは嬉しいんですよ

監督作には田口トモロヲや久本雅美などそうそうたるメンバーが出演

──戸川さんは『いかしたベイビー』(1991年公開のオムニバス映画『ワンルームストーリー』の中の1本)で脚本、監督、主演の三役をこなされています。ファンの中でも人気の高い作品ですが、今では有名になられている田口トモロヲさんや、久本雅美さんなど出演されていますね。

大槻君(大槻ケンヂ)や吹越さん(吹越満)も出ているね。田口さんはお芝居を観てうまいなって思って相手役をやってもらいました。『鉄男』(1989年公開、田口トモロヲ主演・塚本晋也監督作品)を観る前にオファーしました。衣装は自前の服が多いのですが、田口さんが着ているシャツのなかには、私が自分の彼氏にプレゼントした服を“貸して”って言って着てもらってるものもあるんですよ。もちろん映画だからさすがにスタイリストさんついてもらいましたけど」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy