0623
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
芸能

TikTokで世界的にバズった戸川純。生理がテーマの歌を歌い「不思議ちゃん」と呼ばれたこれまでを振り返る

SNSでの感想
戸川純さん 写真/本人提供
目次
  • 子役のころ、最後と言われた大舞台で演技の虜になる
  • 大学に入学し、本格的な芸能活動をスタート。しかしエキストラばかり
  • 生理を歌った『玉姫様』で歌番組に出演
  • 不思議ちゃんとマスコミから呼ばれた苦悩

 1985年に発売された戸川純の『好き好き大好き』。《愛してるって言わなきゃ殺す》というフレーズが、令和の若者たちにも支持され、TikTokでは『好き好き大好き』を使った動画がバズっています。その勢いは国内にとどまらず、北欧や東南アジア諸国でもアップされ、まさに世代や国境を越え愛され続けています。

 唯一無二の存在ともいえる戸川さんは、近年はバンド『ヤプーズ』を率いて精力的な音楽活動をしています。また、YouTube動画『戸川純の人生相談』では、視聴者からの悩み相談に応じる姿を配信し、新たなファン層も獲得。今回は、戸川さんにデビューまでの経緯や芸能活動についてお聞きしました。

子役のころ、最後と言われた大舞台で演技の虜になる

──戸川さんは、TOTOの『ウォシュレット』のCMをはじめ、『刑事ヨロシク』(1982年にTBS系で放送。脚本家の宮藤官九郎も影響を受けたというドラマ)でのおつや役や、数々のドラマ、映画、そしてミュージシャンとしての活動など、マルチに活躍されていた記憶があります。芸能活動のきっかけは何でしたか?

小3のときに、劇団ひまわりに妹の京子(戸川京子さん)と所属したんです。京子は華があったんで、すぐ役がもらえたんです。私は当時地味だったから……(苦笑)、ずっとエキストラ。親から、私には才能がないと言われました。でもその直後、3階席まである大舞台のオーディションに受かったんです

──どのようなオーディションだったのですか。

「新国劇の『王将』という舞台で、最終の3人に残りました。台詞は3〜4個だったかな。思いっきりデカい声で“お父ちゃんのアホ!”って言ったら受かったんです(笑)。(自分の出演がないときに)その舞台を3階席から見ていたら、辰巳柳太郎さんの演じている主人公が、ひなたぼっこしながら眠ってるんです。セリフが全くなくなって動かなくなって少しして、3階席からでもこの人は死んだんだってわかるんですよ! その演技を見て、“芝居ってすごいや!”って、演技の虜(とりこ)になったんです

──芸能活動はお芝居がスタートだったのですね。

「でも親に “学校がある”って芸能活動を反対されたんですよ。京子も芸能活動をやっていたんですけどね(笑)。でも彼女は才能があるから続けていいって親から言われていて。それで、こう考えたんです。“芸能界でテレビに出ている人って、才能がある人ばかりには見えない。だから諦めないで学業に専念して、大学に入ったら演劇をやろう”と。もうメラメラとその気持ちは燃えていましたね」

──学生時代も、演劇の勉強は続けていたのですか?

「学校の演劇部は練習が、ちょっとぬるいって感じていたし、門限が厳しかったし、よく早退していたんですよ。母親が女優になることを応援してくれていて、クラシックバレエやモダンバレエ、日舞も習っていました。ピラティスのV字バランスのポーズで、“あ、え、い、う、え、お、あ、お”って自主的に発声練習もしていたんですよ。おかげで声楽を習ったときも、“腹式呼吸はもうできてる”って言われました。あとは新劇の本を読んで、ジェスチャーみたいに独学で練習していました」

大学に入学し、本格的な芸能活動をスタート。しかしエキストラばかり

──大学に入学されてからは、芸能活動を再開されたのですか?

「18歳で事務所に入ったんですが、台詞がたった1つか2つくらいの役でもオーディションがあるんです。最初はそういうのから再開しました。令和元年が芸能生活40周年だったんですけど、それはドラマのエキストラで出演したときからカウントしているんですよ

──音楽活動の印象が強いですが、レコードデビューからの芸能スタートではないんですね。

はい。でも台詞のないエキストラ役でも、“私は芸能界の末端にいる”って女優気分でしたね(笑)。そこからだんだん、役がもらえるようになっていきました。音楽も女優も18歳から始めて、ゲルニカ(戸川さんが所属していた音楽ユニット)でレコードデビューしたのが'82年でしたね。私、『花の82年組』(小泉今日子、中森明菜、早見優などトップアイドルがデビューした年)なんですよ(笑)

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy