0720
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

元宝塚トップ・柚希礼音「弱さをさらけ出して、仲間と信頼関係を築いた」ミュージカル『FACTORY GIRLS』で演じる“自分似”のリーダー像

SNSでの感想
柚希礼音さん 撮影/矢島泰輔
目次
  • 身近な女友達が再演を大喜びしてくれた
  • 高校時代の親友とはずっとつながっています
  • 自分の思いを相手にちゃんと伝えること

 宝塚歌劇団・星組トップスターとして『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯(はて)-』など数々の話題作に主演し、歌劇団在籍中に日本武道館での単独コンサートを開催するなど、宝塚の歴史を代表する存在の柚希礼音さん。2015年に退団後も舞台を中心に精力的に活躍を続け、6月5日からは、2019年読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した主演ミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』が待望の再演。

 2回にわたるインタビュー【前編】では、“自由”と“平等”を求めて闘った女性たちを描いた特別な作品への思いや魅力、人生に欠かせない友人について、人間関係で大切にしていることなどを語っていただきました。

身近な女友達が再演を大喜びしてくれた

──まずは、ミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』が、4年ぶりに再演される心境をお聞かせいただけますでしょうか?

「初演のときは、女性の権利を求めた労働運動を描いた作品で硬いイメージがあったのか、実は公演前はお客様からすごく期待されている感じではなかったんです。ですが観に来てくださった方々が、どんどん口コミで広げていってくださって。身近な女友達も、いまだに『FACTORY GIRLS』の楽曲を歌っているくらいみんなこの作品が大好きで、再演を大喜びしてくれたんですよ。多くの女性にこの作品が刺さったのは嬉しいです」

──柚希さんが思われる今作の魅力とは?

「私が演じる主人公のサラ・バグリーは、もともとリーダー的な強い人物じゃなく、自分の夢を叶(かな)えるために故郷から出てきた女性。そんな彼女が紡績工場のひどい労働環境を目の当たりにして、悩んだり苦しんだり、ときには反省したり、いろいろな葛藤を抱えながら、それでも仲間のために自分のために、できることをやってみたいと立ち上がるんですね。

 そういうふうに、誰でも変わろうと思えば変われるし、自分に期待できるという気持ちになる。明日から頑張ろうと思えるミュージカルだなと思います」

柚希礼音さん 撮影/矢島泰輔

──ご自身とサラ・バグリーとの共通点はありますか?

「(脚本・歌詞・演出の)板垣(恭一)さんが、初めてご一緒したにもかかわらず私に当て書きをしてくださったので結構、共通点はあるのですが……。私は、宝塚時代もリーダーという感じではなかったんですね。トップになった最初のころは、がむしゃらに無理やり頑張ったときもあったんですけど、それだとみんながついてこないような気がして。最終的にトップとしてやっていけたのは、できないことはできないと言って、みんなに甘えて、全部ひとりで抱え込まずに、助けてくれるようにお願いして、手を差しのべてもらったからだと思うんです。弱いところや頼りないところをたくさん見せたほうが、逆に信頼関係が強くなったんですね。

 サラ・バグリーも最初は何もできなくて落ち込んだりしながら、あなたのような人が必要なのだと仲間から盛り立てられる人なので、リーダーとして歩んで来た道のりは似ていると思います。あとは、正義感があるところも、ちょっと似ているかもしれないですね」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy