0228
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

女優・柚希礼音が舞台をやりとげるために必要な元気の素は宝塚時代からの“ご褒美旅”「4日間の休みでも2泊4日でハワイへ行っちゃう」

SNSでの感想
柚希礼音さん 撮影/矢島泰輔
目次
  • 今も挑戦している日々が続いている
  • 観葉植物のメンテナンスで「整いました」
  • 親友たちとの旅は海外集合で

 宝塚歌劇団・星組トップスターとして『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯(はて)-』など数々の話題作に主演し、歌劇団在籍中に日本武道館での単独コンサートを開催するなど、宝塚の歴史を代表する存在の柚希礼音さん。2015年に退団後も舞台を中心に精力的に活躍を続けている。6月5日からは、2019年読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した主演ミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』が待望の再演。インタビュー【後編】では、舞台で喜びを感じる瞬間や元気の素、また、暮らしの中で大切にしていることやハマっていることなど、プライベートについても語っていただきました。

今も挑戦している日々が続いている

──舞台のお仕事をされている中で、いちばん喜びを感じる瞬間はどんなときですか?

「常に、自分はできないんじゃないかと思うことが毎回目の前に現れて、それを今日はどうだろう、明日はできるんじゃないかと思いながら、毎日、挑戦しているのがず~っと続いている感じで。もうそろそろ、できたことを引用できたらいいんですけどね、毎回、ああ~、またすっごいのが現れてしまったなって(笑)。

 今も『FACTORY GIRLS』で4年前は歌っていた楽曲のはずなのに、また“できるだろうか?”ってなっているんですけど。それをコツコツやっていったときに、自分の心と声がつながっていって、舞台上でできたときに、お客様も同じようにその瞬間伝わるものが違うように感じるんですね。自分が今日はよかったなって思う日に、やっぱり人から“今日は何か違った”と言われたりするので。そういう瞬間に出会いたいというか。あとは舞台上でよく見せようとか、カッコよく見られたいとか、そういうものが全部なくなった瞬間に、本当に見せなきゃいけないものが出てくるから、そうなれたときに喜びを感じますね」

──ミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』初演のときには、そういう瞬間はありましたか?

「ときどきありました。だから、毎回そこに行きたいと思うんですけど、舞台は毎回違うので、昨日と同じようにやっても無理なんですよね。でも、やっぱり最後にすごい感動に包まれるには、開演前の準備が大切だったりするので、そこを常に大事にしていきたいと思ってやっています」

──舞台に立つ前のルーティンなど、何か特別にしていることはあるのでしょうか?

「毎回、役の人物の過去をちゃんと辿(たど)ってから演じるようにしています。サラ・バグリーだったら、ローウェルに来る前は、故郷でどんな暮らしをしていたのか、何を考えていたのかを想像したりして。それは、宝塚でトップになって、自分が物語を引っ張っていく立場になったときに、演出家の方々にアドバイスされてから続けています」

──ご自身の人生を振り返って、何か生き方でアドバイスをしていただくとしたら?

「私の意見が参考になるか、わからないですけども……。私は9歳からクラシックバレエを習っていて、将来は絶対にバレリーナになるのが夢だったんですね。でも、親や周りからは、宝塚を受けてみたら? と言われてきて。ずっと、嫌だ嫌だと抵抗していましたけど、体型的にバレリーナには向かない、プロになるのは無理だということで、NYに留学するのをあきらめて宝塚音楽学校を受験したんです。

 でも、宝塚に入ってから、こんなに手足をのびのびと伸ばしていいんだと、それまで身長や体型を気にして身を縮めて生きてきたところから、すごく解き放たれたんですね。頑なにバレリーナになりたいと思っていましたけど、自分に本当に合っているものに出合ったら、また喜びがあったんです。宝塚に入って、バレエだけでなく踊り全般が好きなことがわかったり、芝居や歌を学んだことによってストーリーがあるダンスが好きになったり、どんどん夢が広がっていったので。周りの意見に耳を傾けるのも、大事だと思いますね」

柚希礼音さん 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 2
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 6
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 2
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 6