0416
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#7】田邊教授の英語は不気味だけど、万太郎が「勇気の道」を踏み出した

SNSでの感想
『らんまん』で“運命の出会い”を果たした2人。万太郎役の神木隆之介と田邊教授役の要潤
目次
  • 田邊の研究室で利用される万太郎の悲哀
  • 建築家・安藤忠雄が語っていた「東大の勇気」

 『らんまん』第7週、万太郎(神木隆之介)は東京大学植物学教室への出入りを許された。バイオリンを弾き、机の上にはシェイクスピアの原書を置く、気取りまくりの教授・田邊(要潤)が許可したのだ。

 5月19日の『あさイチ』で博多華丸さんが、次週からの展開をこう予想していた。「田邊教授と(万太郎が)取り合いになるんじゃないの」。寿恵子(浜辺美波)をめぐる三角関係で、大吉さんは「そんなことないんじゃない」と即、否定した。が、私は華丸派だ。寿恵子を取り合うかどうかはさておき、田邊はかなりの曲者だとにらんでいる

 そもそも華丸さんの予想は、「鹿鳴館と田邊」から始まっている。31話、寿恵子は叔母(宮澤エマ)から「アメリカ帰りで、何やら鹿鳴館のお役目を引き受けている」東大の田邊教授という人の話を聞き、ダンスを習うようすすめられる。35話でその人が「いい人」だと万太郎から聞き、ダンスに興味を持つ。

 「鹿鳴館のお役目=明治政府の仕事」だろう。これはつまり、田邊が「半教授、半政治家」だということで、その証拠が英語だ。日本語に混じる英語が、すごく政治家っぽい

 33話、万太郎は博物学者・野田(田辺誠一)の紹介状を手に田邊に会いに行く。そこには「(万太郎に)便宜を図ってほしい」とある。田邊は、英語で聞いた。「What you want?」「Why are you here?」。雰囲気込みで訳すなら、「それで君は、私に何をしてほしいというのかね?」。老獪(ろうかい)な感じなのだ。

『らんまん』で東大教授の田邊彰久を演じる要潤 撮影/北村史成

 助教授の徳永(田中哲司)は万太郎に「小学校中退」を連発、東大の権威をわーわー語る。だが田邊は万太郎の標本と土佐植物目録を見て、態度を変える。「I want you here」と万太郎に言って、出入りを許す。ゆっくりとした発音が不気味だった。日本の研究環境(標本の数が少なすぎる)をみなに語ると、右手を万太郎に差し出す。握手の形から万太郎を引き寄せ、抱き抱えるようにして「君を歓迎する」と言う。温かい場面。には見えず、私には「君を利用する」に聞こえた。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 4
ほっこり 8
びっくり! 0
なるほど! 24
きゅん! 8
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 4
ほっこり 8
びっくり! 0
なるほど! 24
きゅん! 8