0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

大胆演技にも初挑戦『魔女の香水』桜井日奈子、“逃げ”の気持ちがあったデビュー当時を振り返る「別に私は、この仕事でやっていかなくても」

SNSでの感想
今回お話を伺った桜井日奈子さん 撮影/松島豊、ヘアメイク/白水真佑子、スタイリスト/入江未悠(LINX)
目次
  • 「そのときが来た!」初の大胆ラブシーンにも挑戦
  • 派遣社員として働く普通の20代女性が起業するまでの成長を演じた
  • デビュー当時のマネージャーの言葉を支えにプラス思考へ
  • デビュー当時の甘えと逃げていた自分

 2023年4月に26歳を迎えた桜井日奈子さん。初主演を飾った映画『ママレード・ボーイ』(吉沢亮さんとのダブル主演/2018年)をはじめ、『ういらぶ。』(2018年)、ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日)『マイルノビッチ』(Hulu)など、人気コミック原作の実写化作品に多く出演してきました。

 そんな桜井さんが、公開中の映画『魔女の香水』で、これまでとはガラリと違う大人の女性の物語を見せてくれています。

 桜井さんが演じるのは、香水店を営む「魔女さん」と呼ばれる女性・白石弥生(黒木瞳)との出会いから香りの世界へと導かれたことをきっかけに、自らの手で人生を切り開いていこうと歩みだす女性・若林恵麻。

 桜井さんは、20代の女性が仕事に恋愛に思い悩む姿をまっすぐに演じ、大人っぽい大胆演技にも挑戦しています。

 そんな桜井さんに、本作の印象にはじまり、芸能活動10年目を迎えた自身の歩みを振り返ってもらうと、デビュー後ほどなく、CM出演(大東建託『いい部屋ネット』)によって覚えてもらえた自分は、ラッキーだった分、「どこか“逃げ”の気持ちがあった」と、素直な心の内を明かしてくれました。

桜井日奈子さん 撮影/松島豊
これまでよりも大人な役柄も、見どころのひとつ 桜井日奈子さん 撮影/松島豊

◇   ◇   ◇

「そのときが来た!」初の大胆ラブシーンにも挑戦

――本作では、これまでのイメージにない大胆なラブシーンが登場して、正直かなりビックリしました。

 そうですよね。私も、ついに「そのときが来た!」と思いました(笑)。これまで、そうした大胆なラブシーンには挑んできていませんが、女優というお仕事をしているのだから、積極的にと言ったら変ですけど、今までも“作品に必要であれば”という気持ちではいました。

 私ができないと言うことで、作品の幅が狭まるのは嫌ですから。なので、今回挑戦できてよかったと思っています。

――とはいえ、最初に台本を読まれたときは?

 緊張しました。今回、大人な恋をするので、台本を読むだけでは理解できない箇所が多かったんです。“なぜ私はこの人に惹(ひ)かれたんだろう”“なぜここでこの言葉が出るんだろう”と。

 特にベッドシーンへの流れでは、わからないことが多くて不安でした。でも撮影当日、実際にお芝居してみたら、それほど気になりませんでしたね。

――大人へのステップを上がった感じですか。

 上がりましたね(笑)。

桜井日奈子さん 撮影/松島豊
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy