0519
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

『水は海に向かって流れる』 広瀬すずの相手役・現役高校生の大西利空。芸歴17年目の初めての苦悩と俳優業への思い

SNSでの感想
今回お話をお伺いした、大西利空さん 撮影/北村史成
目次
  • 広瀬すずの相手役として物語の二本柱となる重要なポジションを演じた
  • 大役に自分らしくないほどプレッシャーを感じた
  • 大きな役柄を演じ切り、役者としての思いがますます強く

 広瀬すずさんを主演に迎え、田島列島さん(『子供はわかってあげない』)の傑作コミックを、前田哲監督(『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『そして、バトンは渡された』)が映画化した『水は海に向かって流れる』。

 年齢も仕事もバラバラな、クセ者ぞろいの住民が暮らすシェアハウスを舞台に、いつも不機嫌そうにしているOLの榊さんと、そこに居候することになった高校生の直達の出会いから生まれる変化を中心に見つめた、爽やかな物語です。

 クールなオトナ女子・榊千紗役で主演の広瀬さんの相手役・熊沢直達に抜てきされたのは、大西利空さん。2023年5月に17歳になったばかりの現役高校生で、生後5か月で芸能界入り(!)を果たし、子役として活動。

 映画『キングダム』(2019年)では信の幼少期役、映画『るろうに剣心 最終章 The Final』(2021年)では明神弥彦役を務めるなど、キャリア十分の若手注目株です。ですが、本作ほどの大役を前に「自分にできるかな」と不安だったとか。

 大西さんへのインタビューで、広瀬さんとの共演の感想や、これから歩んでいく役者人生の「ターニングポイントになった」と振り返る、ある場面の撮影エピソードなどを聞きました。

大西利空さん 撮影/北村史成

◇   ◇   ◇

広瀬すずの相手役として物語の二本柱となる重要なポジションを演じた

──直達役はオーディションでつかんだとか。広瀬すずさん演じる榊さんの相手役で、二本柱と言っていい、本作における大きなキャラクターですね。

“自分にできるかな”という疑問と不安が、最初に背負った感情でした。オーディションに受かったと聞いてから原作を読んだのですが、自分の役の大きさにめちゃくちゃビックリしました。

 広瀬さんは、本当にいろいろな作品に出演されている女優さんで、テレビをつければ出ていらっやいますし、もちろん表現力もすごいです。

 憧れる存在だったので、そうした方の相手役として作品を成り立たせていくというのは、すごいプレッシャーでした。決まった喜びはもちろんありましたけど、最初はプレッシャーのほうが勝っていました。

──直達をどんな子だと思いましたか?

 芯を持っていて、すごく正直でいい子だなと感じました。僕も物事を正直に言うタイプで、我(が)が強いところがあるので、そのへんはすごく共感できました。

 ただ、自分より年上の女性に恋心というか憧れを抱く部分は、あまり共感できなかったんですけど、役として体験できたので楽しかったです。

──年上への恋心はわからないですか?

 僕自身は同じ年代のほうがわかり合える部分があるかなと思います。直達は環境のこともあって、僕よりはちょっと大人なのかなと思いました。

──実際に、広瀬さんと一緒にお芝居されていかがでしたか?

 榊さんが感情を出すシーンがあって。普段の榊さんって、あまり感情を表に出さないんです。その場面は、直達に向けての感情ではなかったのですが、隣にいて、直達もグッと感じるものがあり、純粋に“やっぱり広瀬さんはすごいな”と思いました。

──ご本人の印象は。

 榊さんはクールでミステリアスな感じですが、広瀬さんはすごく優しくて明るくて面白いです。すごく気さくで話しかけやすい方でした。

大西利空さん 撮影/北村史成
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy