0522
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

猫や動物の写真を撮り続け、これまで約50冊の書籍や写真集、カレンダーなどを手がけたグラフィックデザイナーの南幅俊輔さんが、人間と共生する国内外の猫たちの姿を一歩一歩あゆむように伝えるコラム。人懐こい子もツンデレな子も……さまざまな猫ちゃんの姿に癒されてください。

 

かわいい

愛らしい「猫書店員」がいる猫専門の本屋さんに、保護猫出身の新人2匹がやってきて

SNSでの感想
猫本専門書店「Cat's Meow Books」にて 撮影/南幅俊輔
目次
  • 全国の猫好き、本好きが集う。売上の一部を保護猫活動団体に寄付
  • 3匹は間もなくお互いに打ち解けた様子

 人間とともに社会で生きる猫たちの姿を、一歩一歩あゆむように伝える連載「猫の道フミフミ」。第6回は猫専門の本屋さんで“書店員”として働く3匹を紹介します。

◇   ◇   ◇

 東京・三軒茶屋の猫本専門書店「Cat's Meow Books」は住宅街の一軒家だけあって、とてもアットホームな雰囲気。店主の安村正也さんのこだわりで、妥協のない品ぞろえを誇る専門店です。

 ここにはもう何度も訪れていますが、この数か月の間に大きな変化があったそうです。2017年の開店時から、保護猫出身の“猫書店員さん”たちが店内で猫らしく気ままに過ごすだけ、という究極の接客をしているのですが、そこにちょっと体格のいい新人が2匹現れたのです。その様子をレポートすべく、お邪魔してきました。

たくさんの猫本に囲まれている黒猫は窓際が好きな「さつき」 撮影/南幅俊輔
こちらが体格のいい2匹。「なつめ」(左)と「あおい」(右) 撮影/南幅俊輔
本棚のいちばん上、猫のための通路を移動するなつめ 撮影/南幅俊輔
奥のスペースで猫書店員たちが過ごしています 撮影/南幅俊輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy