0716
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

若い世代や海外からも注目されている昭和ポップス。本連載では、'80年代をメインに活動したアイドルの『Spotify』における再生回数と当時のCD売り上げをランキング化! データから過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、歌い手本人や関係者への取材を交えながら展開します♪

音楽

酒井法子、海外リスナー約8割の楽曲も! 令和で人気のワケと、母から「聴くと肩が凝る」と言われた曲などを懐古

SNSでの感想
酒井法子。今回も“おもしろ秘話”と鋭い分析が炸裂! 撮影/矢島泰輔
目次
  • 人気曲の「夢冒険」は「ファンのみなさんの青春とともに駆け抜けた作品」
  • 「アクディブ・ハート」「DON'T STOP GENKI」がライブで大盛り上がり♪
  • テレサ・テンのカバー曲が海外でも大人気「この曲は鬼のように練習しました」
  • 「ノ・レ・な・い Teen-age」の歌唱は、プレッシャーを抱えながら全力投球!
  • 「お願いダーリン」「ウインクに染めて」意外な2曲が上位のワケを考察
What's「未来へつなぐ昭和ポップス」?

 今、若い世代からも、また海外からも熱い注目を浴びている昭和ポップス。昨今では、音楽を聴く手段としてサブスクリプションサービス(以下「サブスク」)がメインで使われているが、必ずしも当時ヒットした楽曲だけが大量に再生されているわけではなく、配信を通して新たなヒットが生まれていることも少なくない。

 そこで、本企画では1970年、80年代をメインに活動した歌手の『Spotify』(2023年7月時点で5億1500万人超の月間アクティブユーザーを抱える、世界最大手の音楽ストリーミングサービス)における再生回数をランキング化。当時のCD売り上げランキングと比べながら過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、本人または昭和ポップス関係者への取材を交えながら進めていく。

 今回も、1987年にデビューした酒井法子とともにSpotifyでの現在の人気曲を考察していきたい。前回は、第1位の「碧いうさぎ」と第2位の「世界中の誰よりきっと」を中心に振り返ったので、続いて見ていこう。

人気曲の「夢冒険」は「ファンのみなさんの青春とともに駆け抜けた作品」

 Spotify第3位は、'87年の4thシングルだった「夢冒険」。デビュー1年目の4作はいずれもオリコンTOP10入りするものの、発売2週目か3週目にはTOP10圏外になってしまうというコアファン中心の売れ方で、本作も当時のシングル・レコードの売り上げは上から12番目。それでも、現在はSpotify第3位と、酒井法子の代表曲となっている。

「夢冒険」のジャケット写真。白い背景が“まっさらなキャンパス”を彷彿とさせる

「これもすごいことですね! ランキング結果を見て、『碧いうさぎ』『世界中の誰よりきっと』『夢冒険』『鏡のドレス』の4曲は、(初めてのお客さんも多い)ディナーショーなどでは外せないラインナップなのだと、勉強になりました。『夢冒険』は、今でもライブでほぼ必ず歌いますので、ファンのみなさんにも、私が10代のころの代表曲として認識されているのかなと。

 この歌は当時、春の選抜高校野球の入場行進曲や、NHK『アニメ三銃士』のテーマソングにしてもらったこともあって、みなさんの青春とともに駆け抜けた作品なんだと思います。あと、10代のときにたくさんの作品でお世話になった森浩美さんの歌詞も素敵ですよね。当時の事務所には、なぜか森さんがいつもいらして、お兄ちゃん的な存在でした。とても仲良くしていただき、私のことをよく理解して歌詞を書いてくださっています

「アクディブ・ハート」「DON'T STOP GENKI」がライブで大盛り上がり♪

 Spotify第5位は、これら4作とはやや開きがあるものの、なんとアルバム収録曲の「アクティブ・ハート」がランクイン! ちなみに、カラオケでも酒井法子の中で4番目の人気となっている(JOYSOUND調べ)。しかも本作の強みとして、海外リスナーが6割で、国別では日本、アメリカ、メキシコがTOP3に。本作は、SFロボットが主人公のOVA(オリジナルビデオアニメ)『トップをねらえ!』の主題歌だが、当時の彼女の魅力を凝縮したような元気なナンバーとなっていることも人気を後押ししているのだろう。

「この人気はアニメの影響が大きいのでしょうね。デビュー当時のライブではずっと定番で、とにかく歌っていて元気が出るし、気持ちがいいんです! 楽曲のほうも突き抜け感がありますから、ファンの方も、“ハイ! ハイ!”って、みんなで息を合わせて応援してくださいます。カラオケで強いのは、画面にアニメの映像が出てくるのが喜ばれているのかもしれませんね」

“のりピー”は人気分析もノリノリでおこなってくれた 撮影/矢島泰輔

 Spotify第14位にも「アクティブ・ハート」と同系統の元気ソングで2ndアルバム『GUAMBARE』収録の「DON'T STOP GENKI」がランクインしている。

「『DON'T STOP GENKI』は、コンサートのオープニングでも歌っていました。とにかく、私のファンはみなさんお元気でいらっしゃいまして(笑)、途中でTシャツをお着替えされるほど汗をかいて応援していただきました。私も、“ミック・ジャガーさんかよ!”ってツッコまれるほど、ステージ上で走り回っていました。懐かしいですね~」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy