0519
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#20】寿恵子と聡子の「スーパー内助の功」と成長に、新たな予感がしてきた

SNSでの感想
『らんまん』寿恵子役の浜辺美波と聡子役の中田青渚
目次
  • 啖呵を切り、追加融資を引き出した寿恵子
  • 聡子が古株の女中に勝った瞬間

 『らんまん』第20週、万太郎(神木隆之介)はキレンゲショウマの発見で、教授・田邊(要潤)に遅れをとった。でも祝福する万太郎。という話はさておき、寿恵子(浜辺美波)と聡子(中田青渚)の週だった。万太郎と田邊の妻2人、それぞれが「スーパー内助の功」を発揮した。同時に2人ともが、殻を破っていた。そんな寿恵子&聡子ウィーク、まずは寿恵子の話から。

 長屋にまでやって来た借金取りの磯部(六平直政)との交渉で、寿恵子は完全に勝利を収めた。丁々発止のやりとりを繰り広げ、返済繰り延べどころか追加融資まで勝ち取ったのだ。担保は万太郎とそのビジネスの発展可能性のみ。まるでスタートアップ企業のCFO。そんな手腕を見せた。

 と書いておいて何だが、この日の寿恵子、CFOでなく黒薔薇純子だった。「誰?」とツッコまれそうで恐縮だが、黒薔薇はドラマ『ピュア!〜一日アイドル署長の事件簿』で浜辺さんが演じたヒロインだ。2019年にNHKで放送され、「清純派を装っている腹黒系売れないアイドル」という設定だった。

『ピュア!〜一日アイドル署長の事件簿』に出演した浜辺美波と東出昌大 撮影/渡邊智裕

 すごく面白かった。私はこれで浜辺さんを認識し、心にテークノートした。だって黒薔薇、カッケー女子だったのだ。一日署長になるたび殺人事件が発生し、警視庁捜査一課の刑事・東堂(東出昌大)が登場する。トレンチコートをバサバサさせて、エリートでございと訴えているわりには抜けている東堂だから、黒薔薇、ビシビシ説教する。

 「はっ、バカかおまえは。本人のSNSだけ調べてどうする」

 「世の中ってのはな、おまえら警察が考えてるほど、甘いモンじゃねえんだよ」

 強気だけどなんかケロリとしていて、そこが好きだった。いいぞ、黒薔薇、いいぞ、浜辺さん──。そんな記憶をこっそり抱え、見続けた『らんまん』。折り返しをだいぶ過ぎて、やっとケロリ系浜辺さんに会えた。磯部と交渉する寿恵子、黒薔薇風味だった。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy