0613
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#19】田邊たちのボーイズクラブとは真逆な、寺田心の虎鉄に人生の尊さを教えられる

SNSでの感想
『らんまん』で山本虎鉄を演じる寺田心 撮影/山田智絵
目次
  • 野田と里中も男社会のルールに忠実だった
  • 寺田心演じる虎鉄の日常に心が洗われる

 『らんまん』第19週、万太郎(神木隆之介)のところにロシアから、マキシモヴィッチ博士の訃報が届いた。ロシア行きをあきらめ、万太郎は高知に植物採集に行く。そこで山元虎鉄(寺田心)と出会う。彼の案内で見つけた植物が、万太郎の生きる道も照らす。そういう展開だった。

 寺田さんが演じたのは、遍路宿の息子だった。カマキリの着ぐるみがキュートだった『香川照之の昆虫すごいぜ!』(NHK Eテレ)は遠い昔。抑制の効いた芝居に“人生”がにじんでいた。地に足をつけ、生きていく。日本を支えているのは、一人ひとりの虎鉄なんだ。「国家」のことまで考えてしまったのには、彼の名演技の他にもうひとつ理由があった。

 虎鉄の登場前、東京の、権威ある男性たちの生き方が描かれた。彼らと虎鉄の対比が際立ったという話は後述する。まずは東京の男性たちの話だ。

 きっかけは新聞の連載小説だった。田邊(要潤)と聡子(中田青渚)がモデルだとわかる、ごく低俗な小説の存在を知り、寿恵子(浜辺美波)が田邊邸に駆けつける。きっと明治政府その他への不満があるのだろう、大勢の人が田邊邸を取り囲み、石まで投げ入れる事態となっていた。寿恵子が屋敷に入ると、聡子は小さな部屋で娘2人とおびえていた。

 「お父様はご立派で、お母様はお優しい、そのことを私はよーく知っている」。寿恵子が娘2人にそう言い聞かせていると、田邊が帰ってくる。寿恵子を見て、万太郎のために来たのだなと言う。このタイミングなら聡子につけ入ることができるから、と。

『らんまん』で寿恵子を演じる浜辺美波 撮影/佐藤靖彦

 田邊がそういう考え方をするのは、想定内といえば想定内だ。それよりも、次の台詞が衝撃だった。「槙野は博物館にも訪ねたそうですね。私に取りなしてほしいと。ですが、何をしようと無駄ですよ」。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy