0613
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

若い世代や海外からも注目されている昭和ポップス。本連載では、'80年代をメインに活動したアイドルの『Spotify』における再生回数と当時のCD売り上げをランキング化! データから過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、歌い手本人や関係者への取材を交えながら展開します♪

音楽

南野陽子が語る『ザ・ベストテン』と『スケバン刑事』の“裏話”がアツい「土佐弁は高知のみなさんに謝りたい」

SNSでの感想
南野陽子さん。LPレコード『NANNO Singles』とともにパシャリ♪ 珠玉のシングル曲がつまった必聴の作品! 撮影/矢島泰輔
目次
  • 「話しかけたかった」は直談判してシングル曲に! 選曲をこだわった理由とは  
  • 念願の『ザ・ベストテン』はスケールの大きさに感激、緊張ゆえの“苦い思い出”も
  • 『夜ヒット』では先輩方の会話にビビり、『Mステ』では“風船の洗礼”を受ける
  • 『スケバン刑事』主題歌4曲がTOP10に! 土佐弁とアクションは難易度大だった
What's「未来へつなぐ昭和ポップス」?

 今、若い世代からも、また海外からも熱い注目を浴びている昭和ポップス。昨今では、音楽を聴く手段としてサブスクリプションサービス(以下「サブスク」)がメインで使われているが、必ずしも当時ヒットした楽曲だけが大量に再生されているわけではなく、配信を通して新たなヒットが生まれていることも少なくない。

 そこで、本企画では1970年、80年代をメインに活動した歌手の『Spotify』(2023年8月時点で5億1500万人超の月間アクティブユーザーを抱える、世界最大手の音楽ストリーミングサービス)における楽曲ごとの再生回数をランキング化。当時のCD売り上げランキングと比べながら過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、本人または昭和ポップス関係者への取材を交えながら進めていく。

 今回も、1985年にデビューし“アイドル四天王”のひとりとして人気を博した南野陽子とともに、Spotifyでの人気曲や当時の思い出を振り返ってみたい。

(インタビュー第1弾→南野陽子、80年代に“袴ブーム”を作り「表彰されたけどクレームも来た」朝から26時まで働きづめの日々も振り返る

「話しかけたかった」は直談判してシングル曲に! 選曲をこだわった理由とは  

 Spotify第3位は、通算7作目となった'87年の7枚目シングル「話しかけたかった」。通常、ストリーミングサービスやカラオケなど、“語り継がれる楽曲”としては総じてタイアップ曲が有利になる傾向がある。南野の場合も第1位が化粧品CMソングの「吐息でネット。」、第2位が本人主演の映画主題歌「はいからさんが通る」であるが、それらに次いでノンタイアップの「話しかけたかった」がランクインするとは驚きだ。しかも、当時のシングル売り上げ順(6位)より3ランクもアップしているということは、それだけ本作の世界観が南野陽子らしいということなのだろう。

 憧れの男性に話しかけることができず、片思いのまま終わるという内容のメジャー調のミディアム曲を、本人はなんとレコード会社の上層部に直訴してシングルに昇格させたという。

「ソニーの方々は、『スケバン刑事』シリーズの延長で、マイナー調の『花束を壊して』をイチ推し楽曲として挙げていて、ディレクターさんは、映画『E.T.』をモチーフにした『リバイバル・シネマに気をつけて』を推していました。それら2曲もいいんだけれど、私は、当初アルバム用に作られていた『話しかけたかった』をシングルにしたかったんです。自分がイメージしやすい、笑顔でふわっと歌いたい楽曲だったので。ノンタイアップになったのは、タイアップが間に合わないくらい急な変更だったのかもしれませんね。

 そして曲調のほうは、この『話しかけたかった』あたりから、“こういう曲を歌ってみたい”という希望リストをカセットテープに録りまとめて、ディレクターさんに渡していました

 そこまでこだわったのには、通っていた高校での実体験が大いに影響したようだ。

だって、アイドルの世界に“次”があるかなんて、わからないじゃないですか。芸能コースに所属していましたが、周りには15、16歳でデビューして、18歳で実家に帰ることが決まっている子もたくさんいました。そういうのを見るとシビアな世界だと実感するし、私はただでさえデビューが18歳と遅かった。どうせ最後が来るなら、自分が好きな楽曲を歌って、納得した状態で終わりたいと思っていました。だから、この直訴のときは、“なんとかしてください!”って、睨(にら)みつけるようにして訴えた記憶がありますね(笑)。

 それで、期せずしてこのシングルから私の世界観がしっかりできてきたと思っています。でも『話しかけたかった』がヒットしたことで、調子に乗って意見を言うようになっちゃったのかも(笑)

冗談めかして言うが、南野のこだわりが『話しかけたかった』のヒットに大きく寄与したのだろう 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy