0519
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
臼井孝の「大人ポップス聴き語り」

昭和の歌謡曲から平成・令和のJ-POPの時代まで、時を超えて語り継がれる名曲を創りあげてきたアーティストや作家などのMusicmanにスポットを当て、懐かしい歌も知らなかった歌もじっくり聴いてみたくなるようなインタビュー・コーナーです。

芸能

少年隊・錦織一清、カバーアルバムでダントツ人気の「あずさ2号」デュエット相手は植草克秀だけじゃなかった!

SNSでの感想
錦織一清さん。渋さと甘さを合わせ持っているうえに、トークセンスも抜群だった 撮影/伊藤和幸
目次
  • 「めぐり逢い紡いで」「積木の部屋」などで描かれる“西陽系の女性”に惹かれる
  • 「実は植草以外にも、いろんな場所に“『あずさ2号』仲間”がいるんですよね」
  • 「東京HOLD ME TIGHT」「ラヴ・イズ・オーヴァー」の選曲理由は?
  • 少年隊×阿久悠は意外と1曲のみ。本アルバムはすべて“お酒の邪魔をしない曲”

 2023年4月に、カバー・アルバム『歌謡 Style Collection』を発表した少年隊・錦織一清。今回は本人による全曲解説の第2弾。第1弾は、カバー・アルバムを出そうと思ったきっかけや、CD収録の頭から3曲「For Your Love」「五月のバラ」「池上線」について解説してもらった。今回は、4曲目から。なお、本作はオリコン集計による売り上げが約1300枚(週間33位)、さらに集計対象外のファンクラブ限定盤は約3200枚売れていることから、合わせて週間トップテン級となる4500枚を一般発売の初週までに売れていることにご注意願いたい。

「めぐり逢い紡いで」「積木の部屋」などで描かれる“西陽系の女性”に惹かれる

 それでは、まずは4曲目「めぐり逢い紡いで」。1978年2月にシンガーソングライターの大塚博堂が歌った、切ない女心が綴られたフォークソングだ。もともと歌謡曲寄りにアレンジされたものを、同年9月に布施明がさらにダイナミックな歌声でカバーし、年末のNHK紅白歌合戦でも歌唱した。錦織版は、歌詞の情景を大切にした歌唱が心に沁みわたる。

「どちらのバージョンも知っていますが、今回は自分らしく歌おうと思いました。大塚博堂さんの飾らない歌い方もしみじみとして好きですし、布施明さんの歌唱力でパンチを利かせている感じも好きですね」

 どちらにも似ていないハスキーな歌声で、テンポが一定ではない錦織の歌唱は、ミュージカルの一幕のようだ。

この曲は、自分でギターでも爪弾(つまび)きながら歌っているかのような雰囲気を出してみました。僕は大信田礼子さんの『同棲時代』とか、こういう世界観が大好きなんですよ。

 十数年前、荒木とよひさ先生とご一緒したとき、先生が作詞したテレサ・テンさんの『つぐない』について、“ニッキよ~、あの出だしの《窓に西陽が当たる部屋》という詞だけで、この曲で描かれているのがどんな女性かわかるだろう?”っておっしゃっていて、さすが~! って納得しました。布施さんの曲だと『積木の部屋』の歌詞が、まさに西陽があたる部屋という感じですよね。いわゆる朝日の関係のない部屋を好みそうな女性……というので、なんとなくイメージが湧きますよね

 ここから、“ニッキ節”とも言うべき歌謡談義が炸裂した。まるでトークイベントを聞いているようで、テンポがいい。

「『めぐり逢い紡いで』は、《はじめてつけたマニキュアが “もろい かける 割れる はがれる”》って語呂合わせとか、《束ねた髪をふわり広げて かわいい女つくろって》という表現もすごいよね。(カバー・アルバム3曲目の)『池上線』も、この『めぐり逢い紡いで』も、松本隆先生の歌には絶対に出てこない、“西陽系の女性”が主人公ですよね。松本先生は、すばらしい表現をされますけど、基本パステルカラーだし。

 そしてこの2曲は、若いうちには歌えませんね。多少なりとも汚れた今の自分には、こういう歌が合っているんです。例えば今さら、“君と過ごすクリスマス〜♪”なんて、気持ち悪くて歌えません(爆笑)

「どのへんが汚れたか? それは秘密ですよ〜(笑)」とおちゃめにポーズを決める 撮影/伊藤和幸
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy