0930
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ルポ

家族4人を亡くした「父と息子の10年」、行方不明の母も一緒に眠るお墓から見えるもの

SNSでの感想
墓所から町を望む千葉父子。雄貴さんが手がけた仕事も見える(撮影/廣瀬靖士)
目次
  • 弁当にイクラを敷き詰めたことも
  • 向こうでは4人で楽しくいるんだって

 墓所は復興途上の街並みを見渡せる高台にあった。岩手県大槌町の水産関連会社に勤務する千葉孝幸さん(55)と長男・雄貴さん(21)は、慣れた足取りで家族が眠るお墓の前に立ち、静かに手を合わせた。

 孝幸さんの妻・峰子さん(当時32)は行方不明のまま。二男・一世くん(同1歳5か月)、父・兼司さん(同75)、母・チヤさん(同73)は遺体で見つかった。自宅にいた4人で車に乗って避難中、津波に襲われたとみられる。

 孝幸さんは言う。

「震災から10年、こうしてふたりとも生きているってことが幸せなのかなと思う。生きたくても生きられなかった人が大勢いるんだもん」

 賑やかな6人家族は、あの日を境に父子ふたり暮らしとなった。翌年、底冷えのする真冬の夜の仮設住宅で初めて取材させてもらった。まだ小学6年生だった雄貴さんは大人びていて「どうぞ」と缶コーヒーを差し出してくれ、孝幸さんは、あの日のことや生前の家族について話すたびに泣いた。質問した私は申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 今年も孝幸さんは同じことを言った。

「雄貴には食べ物でも何でも、できるだけ震災前と同じような環境にしてあげたくて」

 そして、今年は続きがあった。

「いまの雄貴はオレにとっては安心なのさ。何かあれば相談してくれるのでアドバイスもできる。頑張っているのがわかるから」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0