1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

梅宮アンナ「父が遺した20冊以上のレシピノート」と初めて真剣に向きあって

SNSでの感想
梅宮アンナ 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 父の味を受け継いでいきたい
  • 毎日同じお弁当が6年間続いて
  • 真鶴の家に母と住むことを決めました
  • 母に甘かった父と違って、私はスパルタ

 2019年12月に81歳で亡くなった昭和の銀幕スター、梅宮辰夫さん。大の料理好きとしても知られ、約20冊もの自作レシピノートを遺した。父親とは正反対に、料理にまったく興味がなかったという娘のアンナさんは、辰夫さん亡きあと初めて真剣に父のレシピと向き合うことに。辰夫さんの三回忌を前に、1年ぶりに「fumufumu news(フムフムニュース)」のインタビューに答えてくれた。

父の味を受け継いでいきたい

 実はこのレシピノート、20年前に1度、父から嫁入り道具として託されているんです。

「こんなのいらない! 現金がいい!」って、当時、冗談まじりに文句を言ったのを覚えています(笑)。でも父は「これさえあれば、人生うまくいくから」って、なかば無理やりのように私に持たせました。そんな父の思いもむなしく、1年ちょっとで離婚してしまいましたが。

 離婚成立の翌日、疲れ果てて放心しているわたしに父がまず言ったのは「あのノート、返せ」のひと言(笑)。「今日それ言わなくてもいいじゃない!」って腹が立つやらおかしいやら。いま思えば、それだけこのノートは父にとって大切な宝物だったんでしょうね。

 改めてノートを見返してみると、父特有の几帳面な文字がびっしりと並んでいて、胸がいっぱいになりました。1冊に100ほどのレシピが載っていて、それが約20冊だから全部で2000ものレシピ! いちばん初めに書かれたノートは、もう30年以上前のものです。

 父がレシピの参考にしたのは長年、定期購読していた『dancyu』や『家庭画報』の雑誌だったり、料理番組だったりさまざま。よく行くお店の板前さんやシェフ、友人から教えていただくこともあったみたい。それを自分なりにアレンジして、あとから何度もメモを書き加えたりしていました。

遺したレシピノートは約20冊、細かい文字でびっしり書かれたレシピは2000以上

 父が亡くなって1年ほどは、相続の手続きや引っ越しで目まぐるしい日々を送っていました。ようやく落ち着いたころに、このノートを開いてみたんです。あぁ、これよく作ってくれたなぁ、これを初めて食べたのは小学生のときだったなぁ、なんて、次々と思い出がよみがえってきて……。父の味を受け継いでいきたいと、自然とわたしも料理を始めるようになりました。

 とはいえ、父の料理はいわゆる家庭料理と違って、時間がかかる凝ったものがほとんど。それでも、レシピのなかには比較的簡単に作れるものもありました。これなら私でもできる! と思ってチャレンジしてみたら、本当においしくて。父が愛した料理を、みなさんにも知ってもらいたい、形にして残したいと思い、三回忌を前に本を出版させていただくことになりました。2000以上ものレシピのなかから、初心者でも手間なく作れるものを中心に選んでいます。

11月15日に発売された『梅宮家の秘伝レシピ-梅宮辰夫が家族に遺した料理帖-』(監修:梅宮アンナ/主婦の友社)※記事中の画像をクリックするとアマゾンの商品紹介ページにジャンプします
『梅宮家の秘伝レシピ-梅宮辰夫が家族に遺した料理帖-』掲載レシピ
レタス丼・マグロの漬け丼・タコポキ丼・我が家のロールキャベツ
パジャン・タコとプチトマトの炊き込みご飯
みそ汁3種(玉ねぎの白みそ汁・しじみのみそ汁・わかめの白みそ汁)
じいじのステーキ・我が家のアンチョビーサラダ
タイ風春雨サラダ・牛テールスープ・キムチスープ
さっぱりとん汁・2種のタレの水だき・きりたんぽ鍋
おひたし・五月豆・こんにゃくのこぶ締め・こんにゃくのピリ辛炒め
ちりめんじゃことピーマン炒め・いとこんにゃくの炒めもの
焼きさんま・鮭のかま焼き・きんきの煮魚
いかめし・我が家のあさり酒蒸し・ホタテのマリネ
すだちそば・山盛りキュウリの冷やし中華
我が家のちらし寿司・フライパンローストビーフ
焼きバナナ・大根の皮漬け……など
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 2
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 2
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0