0927
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
かわいい

ミライトワ&ソメイティ、かわいさの魔力と《#ミラソメ存続希望》の行方

SNSでの感想
(写真左から)東京オリンピックマスコットの「ミライトワ」と東京パラリンピックマスコットの「ソメイティ」 撮影/佐藤靖彦
目次
  • マスコットと記念撮影できるグリーティングが大人気
  • 大人女子が語るミライトワとソメイティの魅力
  • 二人の今後はどうなる?

 コロナ禍のため残念ながら無観客開催となった東京2020オリンピック・パラリンピック。東京2020公式マスコットキャラクターの「ミライトワ」と「ソメイティ」の露出も少なく“日陰の身”となっていましたが、にわかに人気が上昇したのは、9月5日のパラリンピック閉会式でした。

 それまでオリンピックの開・閉会式にも、パラリンピックの開会式にも姿を現さなかったことから、ネット上では二人の登場を待ちわびる声が高まっていました。それに応えるように、パラリンピック閉会式に満を持して登場したのです。曲に合わせて健気(けなげ)にパフォーマンスする姿に視聴者はくぎ付けとなり、Twitterのトレンドに「ミライトワ」「ソメイティ」が急浮上。《生きていた》《出番があってホントによかった》《もう…ずっと忘れない》と歓喜のコメントもあふれました。

 あれから約3か月。ミライトワとソメイティはどうしているのでしょうか。気になった私は彼らにじかに会えるイベントが行われていると聞き、11月26日に潜入取材。その模様をお届けしたいと思います。

マスコットと記念撮影できるグリーティングが大人気

 東京2020大会のアーカイブ資産等の展示イベントは、有楽町にある東京スポーツスクエアで11月23日(火・祝)から30日(火)まで開催されています。10月に同会場で東京都と組織委員会が主催した「TOKYO2020 ARIGATOイベント」の大好評ぶりを受けてか、第2弾とも言える今回のイベント開催が急きょ、発表されました。

 会場内では聖火リレーのトーチをはじめ、実際にパラリンピック選手が使用した競技用具、選手村で使われていたダンボールベッドなどの貴重な品を間近で見ることができます。パラ競技の「ボッチャ」や「ゴールボール」体験コーナーや、実物の表彰台に上って撮影できるスペースも見逃せません。また、「東京2020ファイナルセール」として、オフィシャルグッズ売り場では最大80%割引となっているのも嬉しいポイントです。

セレモニーで使われた聖火皿などが展示されています 撮影/佐藤靖彦

 このイベントを催している東京都のオリンピック・パラリンピック準備局 計画推進部の方に話を聞くと、「祝日だった初日は1500人くらいの方が、平日は各日1000人弱の方が訪れてくださっています」と盛況ぶりを教えてくれました。

 そして目玉になっているのがミライトワとソメイティとの記念撮影ができる「マスコットグリーティング」。開催期間中は毎日4回に行われ、各日先着120組限定となっています。

 開場時間の11:30に訪れると、整理券を求めて70人以上の人の列ができていました。若い女性や親子連れ、中年男性、お年寄りのご婦人まで、老若男女のミラソメファンが集まっていましたが、多くを占めていたのは30代以上と思われる大人の女性たち。アラフォーの私もミライトワとソメイティのえも言われぬかわいさに惹(ひ)かれた一人ですので、二人には女性心理に訴えかける魅力があるのかも……と感じながら会場に入りました。

グリーティングの整理券を求めて開場前から列ができていました 撮影/佐藤靖彦

 奥に進むと国立競技場とオリンピックエンブレムがドドンと映った背景パネルが用意されており、どうやらそこがグリーティングのステージのようです。ステージの前には整理券を手にした30組が並び、さらにその後ろはグリーティングを観覧できるスペースに集まった多くの方達でにぎわっていました。感染対策のために待機列の間にもソーシャルディスタンスが取られており、大きな声を出すのも禁止。みなさん静かにミラソメの出現を待ちわびています。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 38
うるうる 12
ほっこり 10
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 18
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 38
うるうる 12
ほっこり 10
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 18