0526
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
おもしろ

編集部目線の2021年ヒット番付「菅波先生」「電気バリブラシ」「町中華・純喫茶」など

SNSでの感想
編集部目線の2021年ヒット番付
目次
  • “おうち時間”増でヒットアイテムも変化
  • 心の癒やし部門
  • 健康部門
  • おうちエステ部門
  • グルメ部門

 緊急事態宣言で幕開けした2021年。

 そのなかでの東京五輪開催、岸田内閣誕生、眞子さま結婚、大谷翔平選手の満票MVP、藤井聡太竜王の最年少四冠、そして緊急事態宣言解除……なんとも気忙しい1年だった。

 芸能界では、星野源&新垣結衣の逃げ恥婚、活動休止中の嵐メンバーの櫻井翔と相葉雅紀のW結婚発表、菅田将暉&小松菜奈の“戦友”婚とおめでたニュースが続出。俳優やアイドルの推し活も盛んに。

 そして、2021年のヒット商品では、やはりステイホームの巣ごもり消費が中心に。

“おうち時間”増でヒットアイテムも変化

「お出かけできなかった今年は“おうちで楽しむ、少しよいもの”というのがヒットアイテムのテーマだったように思います」(ヤフー広報・秋澤さん)

 たしかに、高級調理家電やボードゲーム、Nintendo Switchや美容家電など、高価でもおうち時間を楽しむためのアイテムが売れに売れた。住居用洗剤やホームフレグランスの消費拡大も同様の理由だ。

 そんなたくさんの“ヒット”の中から、アンケート調査をもとに編集部が独自に選んだヒット番付。今年を振り返りつつご覧あれ!

※各コメントは、アンケート回答者およびヤフー広報・秋澤さんと編集部スタッフで構成。

心の癒やし部門

★ハマったドラマは『日曜劇場』

 日曜劇場は多彩なドラマをぞろえてハマり度高し。『ドラゴン桜』は熱いセリフと体温高めの演技が好評。会議、会議で展開が遅い『日本沈没』は有事の人間模様を活写。救命の倫理を問う『TOKYO MER』は全話泣けた~。

「日本沈没より天海の妻の不倫が気になって仕方なかった」(40代)

★いちばんのロスは『おかえりモネ』の菅波先生

 ドラマ終了後も「#俺たちの菅波よ永遠なれ!」とSNSが熱い。百音の「いいんですか?」に「いいと思いますよ。もう」と応じる菅波先生の声が耳元に今も……。ラストの手つなぎが甘酸っぱい、と、まだまだ菅波ロスのみなさん多し。

「星野源の結婚よりロスが大きかったようです」(編集部グラビア担当デスク)

『おかえりモネ』菅波光太朗役の坂口健太郎

★ブレイク俳優は、吉沢亮と江口のりこ

『青天を衝け』の吉沢亮、鎧兜をつけた姿はまさしく「国宝級イケメン」。「もう、そのまま1万円札になってほしい」との声も。個性派女優・江口のりこも大活躍の1年だった。

「土方歳三(町田啓太)との絡みも眼福すぎです」(30代)

「すぱっちの江口のりこ、枯れ具合が刺さりすぎる」(50代)

★趣味は、園芸・推し活

 在宅で心を癒やす「園芸」がひそかなブームに。中でも手間のかからない多肉植物や苔(こけ)のテラリウムが人気に。

 また、BTSや若手ジャニーズなどアイドルグループへの推し活も盛んに。心の癒やしが必要な年だったということで。

「多肉ちゃんを朝ぷにぷにするのが日課です」(50代)

★お気にアイドルは、BTS!

 コロナ禍の世界に希望と夢を届けた『Life Goes On』『Dynamite』。BTSなくしてウィズコロナの日々は乗り切れなかった。あの歌声で頑張れたのはアーミーだけではないはず。

「末っ子ググたんの歯茎見せ笑顔が天使すぎる~」(40代)

アメリカ・ビルボードの年末決算チャート9部門でトップに立ったBTS

★やっぱり、キーちゃん♪

 氷川きよしの「You are you」リリースツアーは冒頭から全開。マドンナ風のセクシー衣装でパワフルに歌い上げ、観衆の心を限界突破でわしづかみに。自分らしさを解放したキーちゃんのステージと生きざまは、性別年齢を超えたファンに勇気を与えた。

「キーちゃんの美意識の高さ、尊敬!」(20代)

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0