0528
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
暮らし

【転妻座談会】12か所に移り住んだ猛者も! 結婚、仕事、言葉はどうなる? 転勤族の妻たちによる“本音トーク”

SNSでの感想
(写真左上から時計回りに)入間川さん、信田さん、加藤さん、編集Y、尾田さん、ライター池守
目次
  • 結婚してすぐに辞令が出ることも、転妻の葛藤
  • 生まれたときから引っ越し前提。転勤族の子どもの運命
  • 関西弁のプレッシャーが強い!? ぶつかった“言葉の壁”

「転妻」(てんつま)という言葉を聞いたことがあるだろうか。その名のとおり、夫の転勤に伴い、一緒に全国各地または海外を転々としている妻を指す。

 転妻は話題にあがることが少ないように感じるが、住む土地が変わるたびに、その地域ならではの気候や風習、言葉に慣れ、人間関係をイチから構築していくことは容易ではない。引っ越しの経験が乏しい人ではなかなか想像がつかない苦労もあっただろうし、何度も転勤を繰り返してきたからこそ身についたことや、見えてきた景色もあるだろう。

 そこで今回は、転妻たちの共助社会づくりや自立支援を担う団体『転勤族協会TKT48』のメンバーである現役の転妻4名に協力いただいて、オンライン座談会を決行! 転勤経験者ならではの、笑いあり、涙ありのエピソードを語っていただいた。

座談会参加メンバー(五十音順)
◎入間川美佳さん(転妻歴13年)
出身:島根県/現住所:福岡県
家族構成:夫、長女(小4)、次女(小1)
結婚後に住んだ場所:島根→埼玉→福岡(引っ越し2回)

◎尾田尚子さん(転妻歴25年)
出身:東京都/現住所:神奈川県
家族構成:夫、長男(大4)、次男(高3)、三男(高1)
結婚後に住んだ場所:高知→埼玉→東京→山口→北海道→神奈川(引っ越し5回)

◎加藤晴子さん(転妻歴28年)
出身:静岡県/現住所:福岡県
家族構成:夫
結婚後に住んだ場所:静岡→富山→埼玉→東京→愛知→青森→大阪→神奈川→宮城→神奈川→静岡→福岡(引っ越し11回)

◎信田千絵さん(転妻歴8年)
出身:静岡県/現住所:埼玉県
家族構成:夫、長男(小1)、次男(年中)
結婚後に住んだ場所:北海道→長野→埼玉(引っ越し2回)
-----
◎ライター・池守りぜね……座談会の司会兼ライター。転妻ではないが、父親の仕事の都合で転校を繰り返した、元転娘(てんむす)、という立場で座談会に参加
出身:東京都
家族構成:夫、長女(小2)
結婚するまでに住んだ場所:東京→愛知→宮城→埼玉→東京(引っ越し4回)

結婚してすぐに辞令が出ることも、転妻の葛藤

──さっそくですが、みなさんの転妻歴について詳しくお聞きしたいと思っています。では、入間川さんからお願いします。

入間川(以下、敬称略)「地元の島根県で働いているときに、全国転勤族の主人と結婚しました。初めての転勤先となった埼玉で子どもを2人産んで、2回目の転勤で今、福岡に来ています。5、6年サイクルで転勤しているので、次の4月にそろそろ移るのかなって、ソワソワしています(笑)」

尾田「結婚後、初めての転勤先が高知県の四万十市でした。それまで東京にしか住んだことがなかったので、海と山と川しかないような、自然の多さに驚きました。まだインターネットが普及していない時代だったので、情報源がテレビやラジオ、雑誌だけ。サバイバルのような生活を生き抜いてきました(笑)

加藤「転妻28年目で、少し前に福岡に引っ越してきたばかり。今が12か所目です。静岡、富山、埼玉、東京、愛知、青森、大阪、神奈川、宮城、東京、静岡、そして今の福岡へと移ってきました。現在は親と遠く離れて住んでいるので、介護の問題が心配ですね

信田「転妻歴は8年で、今は埼玉県に住んでいます。ちょうどコロナ禍で緊急事態宣言が出たころに引っ越したので、地元の友人が作りにくい状態。次の転勤についていくか、いかないかという葛藤もありますね

──みなさんは、旦那さんが転勤族だと知っていて結婚されましたか? 私は転娘で、転校などが大変だったので、結婚相手は転勤がない人がいいなって思っていましたが……。

信田「結婚したタイミングが、夫に札幌赴任の辞令がおりたとき。親も転勤族だったので、何も反対されず、そのまま結婚してしまいましたね

加藤「うちは短いと2年、長くて4年で土地を移っています。私の地元の静岡で出会って結婚しましたが、もともと、夫は県外から仕事で来た人。だから、転勤があることは知っていました。でも、こんなにあるとは思わなかった(笑)。新婚生活は静岡でスタートしたのですが、すぐに富山に転勤になりました」

──信田さんは大丈夫だったようですが、親御さんから反対されたりはしませんでしたか?

加藤「周りに転勤族がいなかったのもあり、親からは反対されましたでも自分自身は、転勤っていうものを全然知らずに、ただ受け入れた。漠然としたものしか想像していなかったんです。今思えば、知らないって怖い……(笑)」

尾田「主人とは社内結婚です。転勤ばかりある会社だったので、絶対に社内では結婚しないって思っていたんですが(笑)。実家は東京で自営業を営んでいたので、反対されました。でも会社って、結婚とか出産のタイミングで、見計らったかのように辞令を出してくるんです。結婚の3か月前に、高知県中村市(現在は四万十市)に夫への辞令が出て、結局ついていくことに。職場も退社しました

──女性の場合は、転勤のためにキャリアが途絶えてしまうことがありますよね。うちの母も正社員のような職に就くことができずに、パートや専業主婦をしていました。

入間川「私も結婚したときは、一般職から総合職にキャリア変更したいと考えていたころでした。主人とは同じ職種だったため、転勤があるのも知っていて結婚しました。結婚自体は幸せだったけど、“次、どこに行くんだろう”って思いながら、仕事のキャリアがストップしてしまうという悩みと戦ってきた13年でしたね

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 9
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 9
きゅん! 0