0527
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

『でんぱ組.inc』古川未鈴、子育てとアイドルの両立で「本当に悩みが増えた」中で描く自身の“未来像”

SNSでの感想
スタッフの要望に応え、ツインテールを見せてくれた未鈴さん。全員イチコロでした! 撮影:山田智絵
目次
  • アイドル活動をしながら子育て。夫の応援も支えに
  • 炎上するも、「愛情を持った育児なら楽なほうがいい」
  • 悩みの連続だけれど、“やるんだよ!”精神で乗り越えたい

 今をときめくママタレントとして活躍している女性の中には、辻希美さんや藤本美貴さんなど、アイドル経験者も多い。

 しかし、現役でアイドル活動をしながら、現在進行形で育児中なのが、でんぱ組.incのセンター、古川未鈴(ふるかわ・みりん)さん。彼女は2019年に漫画家・麻生周一さんとの結婚を発表。'21年には、第一子を出産した。

 ライブの最後に、ファンの前で結婚を報告し、出産や育児の様子も自身のブログで包み隠さず発信する。これまでのアイドルとは一線を画す未鈴さん。彼女の理想とするアイドル像とは? 描く未来とは──?

【でんぱ組.incの黎明期やメンバーとの関係性について語っていただいた第1弾→『でんぱ組.inc』古川未鈴、引きこもりからアイドルへの道のりと「観客数人」時代やグループへの思い語る/ライブでの結婚を決めてから出産までを振り返ってもらった第2弾→古川未鈴、『でんぱ組.inc』ライブでの結婚発表を決めた理由と、出産後のアイドル活動で見えてきたこと

◇    ◇    ◇

アイドル活動をしながら子育て。夫の応援も支えに

──アイドル活動をされながら、妊娠を希望されていたのですか?

「実は、私には子宮の病気があって、“子どもを産むなら早めがいいですよ”って言われていたんです。それが、妊娠を考えたきっかけでしたね。子どもを産みたいと決意するにあたって、事務所には“一度、活動を辞めます”と話していたんです。でも、みんな“妊娠は自然に起こることだから、活動を休止するような時期は決めないほうがいいんじゃないか”って言ってくれて。“いざ、そうなってから考えればいいのかな”って思えました

──ご自身のインスタグラムで第一子妊娠を発表されてから、その後の活動へのプレッシャーはありしましたか?

「プレッシャーはなかったのですが、えいたそ(成瀬瑛美・でんぱ組.inc元メンバー)の卒業ライブに発表時期が被ってしまったのが申し訳ないなと感じましたね。でも同時に、育児をしながら活動をしていくと、きっとこの先もメンバーには迷惑をかけまくるだろうから、そういう覚悟も必要なんだなって思いました」

終始、柔和な笑みを携えて、穏やかに話してくれた 撮影:山田智絵

──旦那さんは、未鈴さんのアイドル活動についてはどのように言っていますか?

「彼もでんぱ組.incのことが大好きなので、“もちろん続けてほしいし、逆に、未鈴ちゃんがつらくなったら、いつでも辞めていいよ”って言ってくれました」

──活動に理解があるのですね。

「“未鈴ちゃんが前に出ているから嫌だっていう気持ちもないし、なんなら、活躍してくれているのがうれしい”って言ってくれたんです。妊娠したときも、もちろん喜んでくれました」

──周りの支えがあってこそのアイドル活動なのですね。

「はい。でも、つわりの時期が大変でしたね。体調が悪くてもやるしかないので、泣きながら現場に行っていました。ライブも座って歌ったり、事務所には融通をきかせてもらいました」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 30
うるうる 3
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 4
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 30
うるうる 3
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 4