0630
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
エンタメ

休井美郷さんに聞く、『バチェラー・ジャパン』シーズン4で経験した“失恋”からの立ち直りと変化した“恋愛観”

SNSでの感想
『休井美郷写真集 Qun』(主婦と生活社)より 撮影/花盛友里
目次
  • 失恋は引きずらないけれど、思い出すこともあった
  • 選ばれるより選ぶほうが大変なはず
  • 他の女の子にあざとさを感じた瞬間
  • 運命の出会いはやっぱりしてみたい

 昨年11月からAmazon Prime Videoで配信された、恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4。たった一人の理想の独身男性・バチェラーを巡って、17人の女性が戦う婚活サバイバル番組です。

 そこでバチェラーの黄皓(こう・こう)さんを巡って、最後の一人に選ばれた秋山諒子さんと戦ったのが休井美郷さんです。番組で“あざといは正義”というキャッチフレーズが付けられていた彼女ですが、あざといというよりも、ただただ可愛い……。最後の一人に選ばれてほしいと応援したくなる、不思議な魅力を持っていました。

 あれから数か月……女性から大きな支持を集め、CMやテレビ出演など活動の幅を広げる休井さんにインタビューを敢行。気になる今の姿をお届けします。

失恋は引きずらないけれど、思い出すこともあった

──『バチェラー・ジャパン』シーズン4の配信が始まったのが、2021年11月でした。少し時間がたちましたが、今の心境はいかがですか?

遠い昔の思い出という感じです。日常生活とはまったく違う、夢のような世界だったので今、考えても本当に参加していたよね? と思ってしまいます。

 短期間でしたけどすごく濃い時間で、親友もできました。大人になったら友達ってできないと思っていたのでびっくり! 撮影当時はライバルでしたが、今は時間が合えばご飯を食べに行ったりしています」

──バチェラーである黄皓さんの出した答えを受け、当時はどのような気持ちでしたか?

黄さんが私ではなく諒子を選んだ瞬間は、何が起きたのかわからなかったです。私は黄さんと一緒に帰って結婚するつもりだったので、帰り道では明日からどうしようとそればかり考えていました。

 しばらくたってからスタジオで参加者全員がそろって話す、スタジオトークの収録がありました。そこで黄さんと黄さんが選んだ諒子を見て、“あ〜、私の恋は終わったんだな”とようやく気持ちに一区切りつきました」

『休井美郷写真集 Qun』より 撮影/花盛友里

──それまでは毎日、黄さんのことを思い出してつらかったのではないですか?

自分でもそうなると思っていたのですが、びっくりすることに収録から帰ったら自宅の水道管が壊れていて、部屋が水浸しになっていたんです! 玄関から入れないし、壁は腐っているしで、そこからしばらくはホテル暮らしに。翌日から仕事もあったのでとにかく慌ただしく、黄さんのことを思い出している暇はなかったです(笑)

──失恋をしてもあまり引きずらないタイプですか?

「昔から引きずらないタイプですね。さっぱりした性格なので、自分のことを好きと言ってくれない人には興味がなくなってしまうんです。

 でも今回は、今までの恋愛とはやっぱり少し違いました。本当に夢の世界のような出来事だったので、これが日常で起こっていたら確実に引きずっていたと思います。とはいえ、少し前まで真剣に好きだった人なので、諒子とどんな生活しているのかな〜って考えたり、SNSを見ることはやっぱり少しありましたね(笑)

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3